ぺんぎん×エンカウント

作者 朝山なの

124

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ぺんぎんに転生してしまった主人公が、異世界で知り合った人々と物語を紡いでいく作品。

思わずクスクスと笑ってしまうコメディ要素が満載なのですが、所々に用意された感動が気持ちよく、読み手の心を掴んで放しません。

終始一貫された世界観は読み手の期待を裏切りません。
導入で面白いと感じたなら、絶対に最後まで読むべきです。後悔はしません。

また、描写や表現も小難しいものは一切なく、読者が一番想像しやすい言葉を選んでいますので、初めて本を読むと言う方でも、何の問題も無く読めると思います。

同時に、書く側の方にも是非読んで頂きたい。
「どうしてこんなに読みやすいのか」
「どうしてこんなに感動するのか」
「どうしてこんなに面白いのか」
一つ一つ研究されることをお勧めしたい。
ストーリー構成で必要不可欠な緩急や、世界観を構築するための表現技法が詰まった、コメディ異世界ファンタジーの教科書的作品とも言えます。


ただただページをめくる楽しさだけではなく、ラストカットに胸に込み上げる感動は、忙殺された幼き日の純心を思い出させてくれます。



「私は小説を読んで泣く事なんてないと思っていました。この作品を読むまでは」

★★★ Excellent!!!

ぺんぎんのアオイ、そして仲間となるハンター「魂の定義」をはじめ、とても魅力的なキャラクターがたくさん登場します。
他のかたの反応を見てても、やはりキャラクターが愛されている。
しっかりと考えられたのだろうなと思います。
ハプニングは多々あれども、基本的にはほのぼの癒しな感じで進んでいくストーリー。
だからこそ、ラストの出来事には衝撃を受けます。
むしろ今までほのぼの進んできたからこそ、ラストの出来事がとても強調されているなと感じました。
とても読みやすく、小説が苦手な人にもおすすめの作品です!

★★★ Excellent!!!

 この小説を一言で表せば「もふもふ」である。

 主人公のアオイは「もふもふ」のぺんぎん。
 魔術師のキルティさんは「もふもふ」をこよなく愛す猫人娘。「もふもふ」がないと魔法も使えなくなるほどだ。
 なんでも食べるラシュエルくんは主人公につぐ「もふもふ」。

 流石に剣士ロウさんと武闘家のレモナさんは、「もふもふ」こそ持っていないがパーティーのみんなを「もふもふ」とした気持ちで見守っている。

 もふもふを愛する人たちにお勧めできる。
 もふもふであったかい気持ちになれる小説である。

★★★ Excellent!!!

異世界転移ものだが、特別強いわけではない。

「チート」がないのだ。

パーティはやたら強い。
が、主人公のぺんぎんは、ほぼマスコット状態。

街へ行けば、さらわれる。
ダンジョンに行けば、ドジを踏む。

だが、このいとおしさが既に「チート」なのである。

「ぴえええっ!」なる鳴き声を一日一回は読まないと、禁断症状が出そうになる。

これは新ジャンル開発したともいえるレベルではなかろうか。

★★★ Excellent!!!

 ペンギンさんが主役の異世界転生物語です。
 キャラも可愛らしく、ふんわりとした雰囲気に包まれています。
 美男美女に、マスコット的なお子様。
 バトルシーンはないかなと思えば、ゴブリンさんを普通に倒せるとは。頼りになる、みなさんです。
 設定などしっかりしているので、読み応えもあり。
 のほほんとしているように見えて、危機迫るシーンもあるのです。
 仕事で疲れているアフターファイブでも、すらすらと楽しめます。

 おすすめ!

★★★ Excellent!!!


 この物語の素晴らしさ。

 それは、癒やし!!

 とにかく癒やしのオンパレードなのです!!✨✨✨

 主人公のぺんぎん(ペンギンではありません)の可愛らしさ。モフりたくなる愛らしさで読者を攻撃してきます。私の場合、このぺんぎんを抱いて眠るという夢まで見てしまいました。
「商品化を激しく希望…!!!」

 と、こうなるほどにこの物語の癒やしは半端ないのです。日常生活に潤いと何度も言いますが、「癒やし」を与えてくれます。

 そして他のキャラクターたちにも癒やしが……!!
 ネタバレになるので言えませんが、至るところに溢れています。
 もうこの小説が与えてくれる癒やしがないと、私は生きていけないレベル(真剣)

 それだけ、この小説には破壊力があるのです。

 疲れた体や心を落ち着かせたいそこのあなた。
 日常生活のストレスに押しつぶされそうになっているあなた。

 どうかこの物語を読んでみてください。
 きっとストレスがすぅーと溶けていくような癒やしを感じられるはず…!!

 是非ご堪能あれ!! 

★★★ Excellent!!!

すごく面白かったです!
癒し系ファンタジーが好きなこともあり、思いっきりハマりました。

キャラクターも個性的な所が魅力的!
個人的にはラシュエル君と一号さんが好きでしたが、ぶっちゃけ全員好きです。 ツーさんとか、桃スラも妙に心をくすぐるキャラでした。

完結して読み終えましたが、最高の読了感でした!!!


★★★ Excellent!!!

とりあえず第一話を読んでいただきたいと思います。

ぺんぎんですね!?ぺんぎんです!
そう、ぺんぎんなんです。
冒頭からぺんぎんは半泣きです。でも、そこがかわいい、そして、めちゃくちゃテンパってます。そこもかわいい。ずんぐりむっくりで、ぎこちない挙動……愛おしいッ!!

ぺんぎんのわりに意外と?常識的でマジメなアオイと、変わり者の仲間たちとの友情と旅の物語です。
願わくばずっと続いてほしい、そんな温かい世界でもあります。


普段から、あまり異世界ファンタジーは読まない方なんですが、そんな私でもスルッと入っていけました!

さぁさぁ!みなさんも!扉の向こう側にいるぺんぎんとその仲間たちに、会いに行きましょう!

★★★ Excellent!!!

突然かわいらしいぺんぎんに転生してしまった主人公アオイの、哀愁漂う魂の叫びです。
そんなアオイちゃんが途方に暮れているところ、個性あふれる仲間達と出会います。
美女エルフ、ケモミミ魔女っ娘、腹ペコショタ天使に、ペットのイタチ。
あれ、一人足りないなぁ。まぁいっか。
以上のメンバーが繰り広げるドタバタ劇場。
皆様どうぞ癒されていってください。
私は癒されました。

★★★ Excellent!!!

しっかりとしたストーリーの中に、笑いあり、癒しありの作品です。
主人公もさることながら、登場人物たちも魅力的に書かれていて、読み応え抜群です。 細かな表現もかわいらしく、読んでいてほっこりしてしまいますね。 とても面白い作品ですので皆さん、是非読んでみて下さい! ぺんぎんさんがあなたを待っています。


★★★ Excellent!!!

近頃、ペンギンがやたらと話題になっている。
けものフレンズのペンギンたち、グレープくん(※アニメキャラに恋したペンギン)、『ペンギンハイウェイ』、『皇帝ペンギン ただいま』などなど。
今の世の中、ペンギンが推しなのだろうか? ……なんて思っていた矢先である。

カクヨムに、ぺんぎんが降臨した!?

言っておきますが、スペルミスではありません。
ペンギンではなく、ぺんぎんです。
そう、この物語は……ぺんぎんが活躍するお話なのである。
ぺんぎんが活躍する、ほんわかユーモアストーリーなのである!

★★★ Excellent!!!

異世界ファンタジーで、ぺんぎんが主人公!
ちなみに、ジョブがぺんぎんなんです。
斬新な設定だと思いました。

話の展開もドタバタしていて、ユーモアがあふれてる。
ぺんぎんのアオイちゃんの鳴き声がかわいい。
「ぴええええ」
……モフりたい!(笑)

かわいいのは、ぺんぎんのアオイちゃんだけじゃありません。
個人的には、ラシュエルくんも好き…。
白髪ショタは、正義!


さらに、この作品は、作者様のクオリティの高いキャラクターイラストもあります!
ロウも、キルティも、レモナも、カッコいいし、可愛いんだ…。

ぺんぎんとユーモアとほんわかにあふれたこの作品、
ぜひ、ごらんあれ♡