君と居たあの場所で来年の夏を待つ

作者 サンシタ

夏の夜、月明りの中で。

  • ★★ Very Good!!

未だ原石ながら、素人目にも光るものを感じさせるRe:Reruさんの新作短編。

死に囚われた少女と過去に囚われた少年。彼らの邂逅が互いの苦しみを解いていく、短いながらも読む人に何かを感じさせる作品になっています。少なくとも時間の浪費と徒労になることはないでしょう。

どうかこの輝きが、いっときのものでは終わりませんように。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雛河和文さんの他のおすすめレビュー 15