猫はしばしば夢を見る

作者 気分屋

90

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

カクヨムのけもフレ二次小説の中でも有名な『猫の子』『親猫』
そんな猫シリーズに出てくる猫達が……

私達の世界に現れるんですよ?

夢オチですけどね。
夢でも嬉しいのでね。はい。

そんでクロスされた日には……

嬉しみと尊みがやばい!
ほら、このレビュー読んでるそこのあなた!
こんな無名の私でさえクロス出来たんです。
あなたもきっと出来ますよ?

あの小説の猫達に、どうかいい夢を見させてあげて下さい。

★★★ Excellent!!!

この小説は気分屋先生の“猫シリーズ“からシロ達家族が他の小説の世界へ迷い混む物語である。

つまるところ、クロスオーバーってやつなのです、カクヨム界をおおいに沸かせたあの猫シリーズとのコラボ、胸が踊るに決まってますやんか!

その内容も笑いあり涙ありバトルありおねショタあり(!?)の流石の気分屋先生クオリティで大満足間違いなし、分かりやすい説明もついていますのでコラボ先を知らない人でも安心!興味をもったらコラボ先もぜひ読んでみてください!

ちなみに親猫で書かれなかったユキのその後とか書かれてたりするので気になる人はコラボ関係なく必見です!

★★★ Excellent!!!

「白い猫」

この伝説には、数々の未発見の章がある。そして何故か探す度に新章が見つかる。

奇跡の夢、輝石の夢。

夢を見る猫。

朱葵の夢、継藍の夢、奇械の夢、濃蒼の夢。

砂を渡り、山を仰ぎ、海に思いを馳せ、いつかその白炎と陽炎の幻影を眺める。

伝説は紡がれ続ける。

記憶の奥、
文明の力を覆す、
夜間の奇跡。

白い猫、奇跡の夢。

★★★ Excellent!!!

けものフレンズ二次創作 in カクヨムちほーの住人───読み手でも書き手でも────である方なら、知らない人はいないであろう作品、「猫の子」「親猫」。の、番外編であるこの作品。

猫はしばしば夢を見る・・・おや?夢を見る?
どこかで聞いたことありますねぇ?
そう、「猫の子」の番外編・・・やあ、察しがいいですね?

そう、クロスオーバーですよ。もっとも、2018/08/20時点ではまだ一つの(まとまりの)お話しか出てませんので、これからどうなるかわかりませんが、とにかくクロスオーバーもあるのです。

けもフレ二次小説連合設立者でもある気分屋先生、その方が別のカクヨムちほーのお話とコラボする。


胸が熱くなるな?


ほら、ドキドキしてきたでしょう?ワクワクしてきませんか!?

ならば読むのです、尊みなりなんなり感じればいいと思いますよ。
ひょっとしたら、今まで読むことのなかった、他の素晴らしい作品に出会うきっかけになるかもしれませんねぇ?








と、ここまでは作品単位の話ですが。

ここからは私の小説、「トキノココンビの初めて」とクロスして頂いた話をさせていただきたく・・・というかさせろ。

まず最初に、気分屋先生コラボありがとうございました。
感謝してもしきれませんね・・・感謝感謝もくどいでしょうし、一言だけで勘弁してください。

お宅の子とウチの子を上手く絡めてくださった作品、至福のひとときでしたよ。ネタバレになるので詳しいことは言えませんが、トキノコとナウさんと教授准教授と・・・全く上手く使ってくれやがりましたね?最高かよ?

お話自体も、私良かったです。「おお・・・おおぅ、ぅぅぅぉぉおおおお!?」みたいな。(伝われ)

うーん、お話の内容に触れないとなると話す事が難しいなぁ・・・

話したいことはたくさんありますが、こんなものにしておきます。レビュー欄で… 続きを読む