青い便箋

作者 東雲 彼方

80

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

若さを武器に直球で物語を紡ぐ人が多いカクヨム甲子園で、全文を手紙という形をとった物語です。
それだけでもアイディア賞の異色作なら、その内容は溢れるほどの愛に包まれています。

夫から妻へと送られる、永久不変の愛。
妻から夫へ宛てられた、何時いかなるときも変わらぬ愛情。
子供から両親へと返される、素直に好きと言えぬ真心。

時にストレートに、また時には変化を付けて、暖かくも優しい言葉で物語は進行します。
そして目を引くのは、文字として書き表されてはいない行間の取り方。
言葉の余韻と想像を書き立てる手法は、それだけでも秀逸と言えるでしょう。
若き才能を募ったカクヨム甲子園でも珍しい技巧派の作品、是非ともお読みになってください。

★★★ Excellent!!!

読了しました。

ネタバレしてしまうのを避ける為に、内容にはあまり触れずに感想書かせて頂きます。

手紙という形で偽りない想いを伝えていく物語。全ての手紙に、相手に対して遠慮なく、そして伝えたいことをそのまま伝えていく小説です。

それが例え弱音であったり、将来であったり……死を扱っていることで、より家族や愛に対する大切さを学べる小説でした。

★★★ Excellent!!!


既に1話目から胸にグッとくる内容ですが、2話目、3話目……と先を読むほど感動が押し寄せてきます。

この物語に出てくる家族の絆というのは、あまりにも距離が遠すぎるので、細くて小さな糸かもしれません。ですが、それは絶対に切れません。とても、とても強いです。


ネタバレになるかもしれないので、あまり多くは語れないのですが、この家族の境遇は決して甘くはありません。それでも物語の中は、家族の愛を感じさせる言葉で溢れています。読んでいてどこか温かくなります。


タイトルの通り、素敵なお話です。




彼女たち家族の絆は、青く澄んでいるから……、

読んだ後の皆さんにも、きっと素敵な絆が待っていますよ!





★★★ Excellent!!!

この作品の素晴らしさは、「あたかも実在する人物が書いたような手紙」であることです。
すごくリアルな感情が、手紙を通して浮き上がってくるように感じます。
自然なんです。

フィクションなのに。作者様はまだ高校生なのに。

一見、典型的な感動モノに見えたりもするんですが、何かが違うのです。
是非読んで確かめてみてください。