唄う少女とハーフエンドワールド

作者 吉野諦一

バランス感覚のいい作品だと思います

  • ★★ Very Good!!

重いテーマに重いキャラ設定。
ですが一番最初に気に入ったのは日常会話から感じるユーモアでした。
重いテーマを重くさせすぎないというか……絶妙なテイストだと思います。
タグの「万人受け」に偽りし、といったところでしょうか。

文体もきれいで読みやすく、キャラクターもそれぞれとても魅力的でした。

読み始めても途中でだれてしまうことの多い私ですが、ほぼ一気読みでしたので、他の方にも自信を持っておすすめしたいと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

さんの他のおすすめレビュー 3