上手く生きれない人の記録

作者 うたかた。

42

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 上手に生きるとは、どういうことを指すのだろうか?
 そして、その基準は誰が決めたのだろうか?
 それらを問いかけてくる作品だ。最近は「空気が読めない」ことを「KY]と言って、それを「生きるための器用さ」の基準みたいに言う。しかしその一方で、「殻に籠るな」とか「個性を出せ」とか、言われている。これらを聞くと、どこか矛盾しているような気分になる。
 社会に出て、社会人として生きるようになれば、きっと誰もが壁に当たっていて、挫けそうにもなるだろう。しかし、誰かが決めた「普通」のせいで、生きることさえ辛くなる人も多いはず。心が敏感な人なら、なおさら辛いだろう。
 しかし心が敏感な分、きっと何かを表現した時に、人間の普遍性を描ける可能性があるのではないだろうか。生きたい。そう願うことは、正しい。

 自分が不器用であると感じている方に、特にお勧めです。

 是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

 自分の人格を本気で否定された事もない私には、とても理解の及ばない話です。
 だからこそ、同じ境遇の人には手に取って欲しいと感じます。

 私はずっと、人と同じ様に学校に行って、会社に行って……と同じ道を歩く事が嫌だし疑問でした。
 だからその道に入れなくて苦しむ気持ちなんて、ある意味全く分かっていなかった。
 なので私にはこのエッセイはそれを知るきっかけになり、読んで良かったと思っています。

 こう言った心の叫びは、文字にする事で少し和らぐと聞きます。
 作者さんがご自愛する事を祈って。