村を救った蛙の話、あるいはある転生者の末路

作者 宇部 松清

39

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

昔話のような話から始まり、まさかの最後に「うわ……」となります。
もう開いた口に手を当てて「うわ……」って。

蛙が可愛いんですよ。しゃべりかたが可愛くて可愛くて。ほっこりしつつラストにしんみりしてからの視点の切り替による脱力っていうか、「え……」って。


まあ、読んでみてください。ぐるんぐるん回転する読み心地に酔いましょう。

★★★ Excellent!!!

雨の降りやまない村。村人達が困る中、そこに現れたのは……。

短編なのに、読み進めるごとに違う様相を呈すのは、さすが書き慣れてらっしゃる作者様です!

どんなラストが待っているのか……。ぜひ、ご自身の目でお確かめください!