歌を忘れたカナリア

作者 紺藤 香純

21

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

過去の自主企画、イケメン鑑賞会参加作ということで拝読しましたが、胸をしめつけられました……。

主人公の大木さんは介護の現場で働く女性。
私としては若いのに大変なお仕事についていて素晴らしいと思うのですが、世の中には職業に偏見を持つ人もいるようで、くわえて学生時代から続くいじめを未だに受けているその様子に、憤りと悲しさで胸がしめつけられたんです。

居酒屋での「女子会」で大木さんがひどいいじめを受けている最中に割って入ってきたのが、隣のグループで飲んでいた後藤さんです。
彼は介護職で挫折したにも関わらず、再び介護の現場に復帰しようと学んでいる人でした。

いきなり踏み込んできた彼に、初めは大木さんも戸惑っていたようですが、絶妙なグイグイ加減で懐に入ってくる彼を前に、心にかけていた鍵が少しずつ解けていきます。

いじめにも屈せずに強く生きている心の奥、歌を忘れてじっと蹲るカナリアの存在を彼は気づいてくれました。

彼がこの先も寄り添っていてくれるなら、大木さんもきっとカナリアの歌声のように美しく澄んだ心を解放できるんじゃないだろうかと、読後は希望の光に安堵しました。

童謡の歌詞の一部は知ってましたが、西條八十の詩も雰囲気があって味わい深かったです。

★★★ Excellent!!!

あらすじにもある通り、テーマは【介護職につきまとっている悪意に満ちた偏見】。扱うテーマが深刻なだけに、はじめの雰囲気はシリアスで重ためです。しかし、読後にはすっと光が射してくるような爽快感が訪れる作品です。

彼女のピンチに颯爽と現れる彼こと後藤さんが、とても素敵です。

童顔なのにバリトンボイスなところも。
年下かと思ったら年上なところも。
なんといっても、誠実そうだけどちょっぴりあざといところにやられました(〃▽〃)

引用されている詩と絡み合って盛り上がるロマンティックな雰囲気やや、高級バーのお洒落な空気感もふくめて、女性ならばときめけること間違いなし…!

ひたむきに頑張っていれば、ちゃんと見ていてくれる人もいるんだなぁと胸があたたかくなるような物語でもありました。素敵な作品をありがとうございます!<(_ _)>

★★★ Excellent!!!

行きたくなかった高校のクラス会に行くことになってしまった大木絵美。
介護職員である彼女は意地悪な同級生達から、仕事をバカにされてしまう。
非難され、嫌がらせを受け、痛みに耐える彼女。そんな時声をかけてくれたのは介護職員志望の男性でした。

序盤のクラス会のシーンが辛く、読んでいて心苦しく思いました。だけど苦しい時に現れて手を差し伸べてくれた彼がとても優しく、心を救われた気がしました。
彼とは初対面です。にも拘らず助けてくれたのです。
傷ついて泣きそうな時に、その想いを全て受け止めてくれた彼は最高でした!