ぼくは。素の嘘つきが嫌い

作者 浅白深也

謎のメッセージ。それはラブレター?それとも……

  • ★★★ Excellent!!!

メインは後半の、題名にもなっている、一人の少女に宛てられた「ぼくは。素の嘘つきが嫌い」という手紙の話ですが、導入に軽い謎解きを入れて登場人物のキャラ付けをし、その本章で思いもよらぬどんでん返しがあり、思わず脱帽しました。
特に最後のとある謎は、思わずリアルで「そうくるか!」と膝を叩いてしまった程です。
文章も読みやすく、また中心人物のキャラがとても親しみやすいこともあり、物語の世界に没頭してしまいました。それ故に最後の方の展開には心を痛めますが、それでも是非とも読んでほしいと思える作品です。
そして、私と同じカタルシスを感じてほしいです

とても面白かったです!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

狼狽 騒さんの他のおすすめレビュー 278