ぼくは。素の嘘つきが嫌い

作者 浅白深也

13

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ある一通の手紙が、不器用で友達思いな高校生たちを謎へと誘う。

読み終わった時は全ての謎が解けて切ない気持ちになりつつも、素直に「良かった」と思えるような終わり方でした。

途中でだいどんでん返しがあって驚かされたり、高校生らしい青春の一ページに微笑ましくなれます。

更にキャラ設定も伏線の張り方の良さも見習いたくなりました。

一味違う謎を解き明かす物語。

自信を持ってお勧めします!

★★★ Excellent!!!

メインは後半の、題名にもなっている、一人の少女に宛てられた「ぼくは。素の嘘つきが嫌い」という手紙の話ですが、導入に軽い謎解きを入れて登場人物のキャラ付けをし、その本章で思いもよらぬどんでん返しがあり、思わず脱帽しました。
特に最後のとある謎は、思わずリアルで「そうくるか!」と膝を叩いてしまった程です。
文章も読みやすく、また中心人物のキャラがとても親しみやすいこともあり、物語の世界に没頭してしまいました。それ故に最後の方の展開には心を痛めますが、それでも是非とも読んでほしいと思える作品です。
そして、私と同じカタルシスを感じてほしいです

とても面白かったです!!!