リアナ1 王冠の竜騎手と心臓のない英雄

作者 西フロイデ

102

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とある里に育ち、成人の儀を前にした主人公の話から物語は始まります。驚くような運命に翻弄されて行く中でも、強い意志と知性と、彼女を守る男性たちによって、話は予期せぬ展開に・・・。
描写の丁寧さや伏線の張り方、政治的術策にも長けた西さんの物語には、様々な要素が複雑に絡み合い、そこから、嵐の日に一本の天につながる銀色の光を見つけて行くような、ハラハラドキドキな展開につい引き込まれてしまうでしょう。
主人公をはじめとする魅力的な登場人物たち、そして恋の物語・・・。
男性読者にも女性読者にもお薦めです。
私的には、フィルが好きです。

★★★ Excellent!!!

王道ファンタジーですが、そんな言葉で表現するのはもったいない、どれをとっても隙や無駄のない、非常に高水準の作品です。

里でそだったリアナが王位を得るまでのきっちり
組み立てられた構成力。
女性向けでありながら人と竜の技と力を織り交ぜたスピードと重厚感のある戦闘シーンは男心をくすぐり、大興奮。
広大な世界観は情景に生活感や文化、そして謀略劇に彩りを持たせ、キャラクターの心情とも密接にリンクしているため感情移入がしやすいと思います。イケメン連中は癖が強くとも心まで男気溢れているので、男でも素直にカッコいいと思えます。

全四部で構成されていますが、この一編だけをとっても、分厚い文庫本一冊に相当する読み応えがあるので、ぜひにもまずは本作だけでも読んでみることを強くお勧めします。

★★★ Excellent!!!

丹念かつのびやかな筆致で、すぐに作品世界に引き込まれました。
思春期の少女の揺れ動く気持ちを異世界で描く、ジュブナイル小説なのかなと思いきや、序盤からショッキングな展開が!

気を取り直して読み進めるうちに、みるみるパズルのピースが埋まっていき、世界観への理解が深まっていく。もちろん謎も謎としてより魅力的な???となってページ(じゃないけれど)を繰らせてくれます。

痒いところに手が届く小説で万人におススメ。

特筆したいのは竜との共生感覚、大小さまざまなバトル&活劇のシーン。あとはやっぱり恋の三角関係でしょうか。

大きな喪失を経てもへこたれずしたたかに生き抜くヒロインもヤバいですが、デイミオンとフィルバートも同性ながらカッコよく憧れてします。

どこか『花より男子』の道明寺司と花沢類を重ねてしまう私は古い人間だなぁ。。。

一部では発展途上の三角関係が今後どうなるか楽しみです。

普段はあまり考えないのですが、この小説に限っては作者さんが男性なのか女性なのかとふと考えてしまいました。

〈ハートレス〉という設定もいいなぁ。空から見た竜舎が花弁の形としているとか、床が濡れてる理由とか……ここで述べ切れない大好きなところはたくさんありますが、第二部も待っているのでこのあたりで。

★★★ Excellent!!!

 竜です!! 
 濃厚なハイファンタジーの異世界で、足先から頭の先まで竜にどんぷり包まれます。
 臨場感、世界観、物語性。すべて華丸です。大華丸です。
 恋愛(とくに、二人の男性が主人公をとりあうところ)がまた、いいです! 

 隠れ里に住む竜族の少女、リアナが主人公です。
 彼女は目前に成人を控え、ドラゴンライダーとしての将来を夢見ています。
 しかし、その当日とんでもない事態に巻き込まれるのです。

 謀略、策謀、きな臭いやりとりも秀逸。

 海外ファンタジー好きなあなた、ぜひ読むべきです。
 お金払っても満足なほど、素晴らしいです。
 
 おすすめです。

★★★ Excellent!!!

竜を駆るライダーになりたい。
そんな夢を持つ、健やかでお転婆な少女リアナ。
彼女が成人の儀式を迎えるはずだったその日、生まれ育った里を何者かに襲撃され、そこから様々な運命が動き出す。

深く厚く練り上げられた壮大な世界観に、独特な竜との関係性。
人の気持ちの絡み方、揺れ方、隠し方、そして覚悟。
魅力的な登場人物に、仄かな恋心。
全てが素晴らしい完成度、そしてそれを鮮やかに紡ぎ上げる確かな文章力。
風景が鮮明に浮かび上がって、するりとその世界に引き込まれていきます。

もう御託はいい! とにかく全人類読んで!! と声を大にしてお勧めしたい作品です。

★★★ Excellent!!!

 隠れ里に住み、竜を飼う少女から始まる、壮大なストーリー。
 張り巡らされた伏線、緻密な設定、登場人物の複雑な感情、豊かな情景描写、どれをとっても最高の物語が味わえます。
 まだ、この物語を読んでいないあなたが羨ましい。
 読んでいて、いつまでもこの世界に浸っていたいと思える作品は稀です。この物語が、きっとあなたを夢(ファンタジー)の世界へと連れ去ってくれることでしょう。

★★★ Excellent!!!

設定がしっかり作り込まれていて安心して世界観に浸れます。
主人公が出会うデイミオンとフィルという全てが正反対のふたり。
どちらもかっこよくてドキドキです。
私はデイミオン派。
竜が出てくる戦いはかっこいいし、主人公との呼ばいという独特の繋がりに興奮してしまいます。
竜好きならぜひ読んでください!

★★★ Excellent!!!

本作は正統派異世界ファンタジーであり、そして少女小説の醍醐味がぎゅっと詰まった物語です。

まず世界観と設定がよく練られていて、ファンタジックな雰囲気が非常に良い。人間族と竜族と竜の関係、王位継承に関する独特な選抜方法とそれに伴う内政や人間ドラマ、竜族独自の<呼ばい>という能力や魔法、それが主人公たちの変化に繋がる物語構成…どの要素も面白く、読みやすい文章なのでぐいぐいとのめり込んでいきます。
作中で繰り広げられる陰謀や謎もスリル感があってハラハラ楽しい。

そしてもう一点の魅力はリアナというヒロインと、彼女のもとに現れたデイミオンという王位継承者の関係。
性格も立場もまるで違う二人は、第一印象からして険悪。それが困難を乗り越えるうちに、そしてリアナが成長していくうちに少しずつ関係性が変わっていきます。
この流れはニヤニヤが止まりません。是非とも読んで確かめてください。

リアナという少女はライダーになる夢を追いかけるだけの、ただの少女でしかなかった。そこに降りかかる過酷な運命。強くなろうと変わり始める彼女を応援したくなります。
とっても面白いこと間違いなしですよ!