唐紅に燃ゆる初指南の夜

作者 あやぺん

不自由の中に自由を見つけよ

  • ★★ Very Good!!

手付き、手ほどき、夜の第三皇子は女に優しい。
しかし昼は苛烈そのもの。人を寄せ付けず、戦では返り血を全身に浴び、ただの一つも傷つかず。
この作品における紅とは、血潮であり、紅葉であり、運命であり、恋である。
自由になるものなどない。それでももがくように、紅に手を触れてみたくなる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

雷藤和太郎さんの他のおすすめレビュー 68