フェスめし!!

作者 吉岡梅

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

野外フェスをステージ側ではなく、屋台出店者という裏方目線で描き出す快作。
コスト、調理器具、人員など様々な問題に真っ向から立ち向かうコータの直球さと、それを支えながらも、どこか影を感じさせる妹ツムギの二人の素直さが、胸を打ちます。
野外フェスには野外フェスならではの楽しみ方があるのだということがひしひしと伝わってきて、自分もフェスに参加しているような気分に浸れます。
個人的には物理的料理バトルはなかなか斬新です。コータの名言もとてもスカッとしました。

地元×フェス×B級グルメ、三つ巴のエンターテイメントをご堪能あれ!

★★★ Excellent!!!

とにかく、作中に出てくる料理がどれもおいしそうでおいしそうで。
画面突き破って作中に飛び込んで、今すぐフェス会場にお客としてまざりたくなる!

フェスの主役はステージだけど、イベントを楽しむに必要不可欠な出店にも、熱いドラマがあるのだな、と。
そんなことにも思いを馳せながら、これからはもっと出店のごはんを楽しめるようになること請け合いです。

コミカルで生き生きとしたキャラ同士の掛け合いもとても楽しいです。
コータとツムギの信頼関係も熱くてステキ。

フェスと料理にかける若者たちの熱い青春を堪能しました!

今、無性にツムギさんの作ったカクテルが飲みたい!

★★★ Excellent!!!

本作の舞台になった音楽フェスに限らず、人が集まりそうな所に屋台が出店するのは当たり前の風潮です。同人誌即売会、Jリーグ、オフィス街のランチタイムの人出もこのカテゴリーに含めていいのかもしれません。
そうした「キッチンを併設せずに料理を出す店舗」の内幕を垣間見ることができる作品です。
が、それだけに留まらず、「ウチら」的地元の仲間のフットワーク、生みの親より育ての親(ならぬ兄妹)、最近の食フェスへのチクリとした警告も忘れていません。
本レビューのタイトルにも使った「料理バトル(物理)」がとても気に入りました。この後スタッフがおいしくいただ……けないなぁ、どう考えても。

★★★ Excellent!!!

 都まんじゅう、のっぽパン、もんぱりetc……何やらなつかしい食べものが並んでいるなと気になっていた『飯テロリストの日記帳』。

 ご当地グルメエッセイかなと思って読み始めたのですが、読み終わる頃には、本編『フェスめし!!』への興味が沸々と湧いてきていました。

 よし、読もう!と、副読本から本編へと流れていったところ、「!」の乱れ飛ぶ勢い溢れる“フェス飯”に、すっかり魅了されてしまいました。

 富士山のなだらかな裾野に広がる高原にあるのは、美味しい空気と美味しいごはん、そしてフェスの熱気!

 読めばフェスに行きたくなる、そんな胸熱な物語です!
 

 

★★★ Excellent!!!

ハッシュタグには豪快な言葉が並んでいますが、
これぞ正しき『みんなで作り上げる地元のいいお話』

そして飯テロヒーローものです。
地元のイベントにドサマギのつもりが当事者になり、
クールなヒロインと頼りになる仲間、
そして小並感(キャラ本人はラスボスのつもりかも)な敵と相対し、
余韻のラストまで。
見事です。

イベントに挑む飯テロ戦隊ですね。

お腹が空いたので角煮を作りたくなります。
そしてわしわし食べてイベントに行きたくなります。

主人公のポジティブ人間コータにチラチラと脆い面を見え隠れさせているのも効果的。
前向きになれるし、背中を押してくれる作品。

(関係ないですが、主人公の名前に某有名作曲家を思い出して喜んでいました)

★★★ Excellent!!!

朝霧JAMという音楽イベントがあることを初めて知った。
静岡県富士宮市の朝霧アリーナで10月初旬に開催される、
音楽とキャンプと地元の食べ物を楽しめるイベントらしい。

お も し ろ そ う ! !

本作は、そんな朝霧JAMにフェス飯店舗のスタッフとして
ガッツリ参加することになったコータとゆかいな仲間達の、
一筋縄ではいかないハチャメチャな奮闘劇を描いている。

飯テロとカクテルと青春群像劇と飯テロと結婚式と音楽と、
地元銘菓とB級グルメと飯テロと富士山と大乱闘と飯テロ。
みたいな感じで、とにかく飯テロだからイイ話なのである。

どのくらい本気の飯テロか? カクヨム公認レベルである。
2017年に開催された富士見L文庫の短編小説コンテストで、
吉岡梅氏は『炊飯器の中の宇宙』で飯テロ部門を受賞した。

『フェスめし!!』のタイトルから受ける印象のとおりに、
ストーリーにもキャラクターにも勢いがあって、痛快だ。
フェスに出演するバンドも何か心当たりがあって、ニヤリ。

とにもかくにも、今年、本気で朝霧JAMに行ってみたい!
富士宮やきそば! うし! ぶた! ビール! お菓子!
というノリを共有したいので、皆さん読んで仲間になって!