アクア・デイズ

作者 スガワラヒロ

191

68人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

きれいな熱帯魚が水槽の中でユラユラ……。

アクアリウム、いいなあと思ってました。でも管理が難しそうだし自分には無理って思いませんか。

この物語は女子高生達がそんなアクアリウムに挑戦するお話です。
アクアリウムの知識やたくさんの熱帯魚が紹介されていて、その都度検索したくなります。こんな魚なんだーとアクアリウム気分も上昇。ネイチャーアクアリウムとかしっぶーい。水槽の中に自然界を再現するんですよ。ロマンだわ。

というわけで、女子高生による、ゆるくてふわっとしたアクアリウムライフ。一緒に体験して下さい。

★★★ Excellent!!!

アクアリストの女子高生が、アクアリウムに興味を持ちはじめた初心者同級生に、水槽立ち上げからお魚選びに至るまで丁寧に教えてゆく……という流れの友情青春小説。アクアリウム指南作品でもあります。

この分野にまったく触れたことのなかった私ですが、この作品に描かれている世界は優しく、紹介されているお魚たちもユーモラスで可愛らしくて、すっかりアクアリウムの魅力に引き込まれてしまいました。
書籍の形で図解付き(あるいはマンガなど)で読みたいくらいですが、モバイル片手に名前を検索しながら読むだけでも、作品を通して作者様がお魚たちに向ける愛情が伝わってきます。
(個人的な驚きポイント、ライギョの仲間があんなに綺麗で可愛いだなんて…!)

ようやくお迎えするお魚が決まったところまで読みました。
日々の癒しに引き続きのんびりと読み進めたい、素敵な物語です。

★★★ Excellent!!!

アクアリウムはいいですよね?
そう、小さな水族館です。
熱帯魚がふわふわ泳いでいたりして和みます。

でも、おうちでそれはちょっとできない……
そんなアナタのためのこの小説。

初心者の由那に、琴音や他の子が教えてくれるのをただ読んでいるだけで、自然とアクアリウムの知識が身につき、部屋の片隅に、まるでそれがあるかのように思えてきます。
アクアリウムを通じての、女の子たちのやりとりも、なんだか微笑ましい。

アクアリウムのように、ずっと眺めていたくなる。
そんな小説です。

★★★ Excellent!!!

読みすすめていくうちに、その世界に興味がなかったわたしでも、良い感じに教育され唸らせてくれる作品です。

アクアリウムを始める小清水とそれをリードしてくれる琴音。

アクアリウム仲間の爽やかでゆるぎない関係がまた羨ましく、こんな友人たちがいたらお互い適度な刺激を与え合って楽しいだろうなと思います。

いかに知識を総動員して良い環境を作っていくのか、少しずつ積み上げられていく過程も大変楽しい作品です。

★★★ Excellent!!!

お魚を飼育したい女子高生の小清水が、偶然出会ったアクアリストの琴音や友人たちとともに、アクアリウムについて学び、お気に入りの生き物を見つけ、お迎えしていく物語。

小動物のように可愛く初々しい小清水、一見クールだけれど優しく教え上手な琴音、気さくでお調子者の千尋、真面目なお嬢様キャラの莉緒。登場するキャラクターはみなさん可愛らしく、ほのぼのとした物語が展開されていきます。

なによりも、アクアリウムの知識が豊富に、かつ、わかりやすく詰め込まれていて、唸るものばかり。魚に関して初心者の私は、「こんな魚がいるのか!」とたくさんの発見と驚きがありました。
さらに魚についてだけでなく、設備や飼い方についても詳しくレクチャーされています。
まるで主人公の小清水と一緒に、一からアクアリウムについて学んでいる感覚になりました。

少女たちのゆるふわな掛け合いも楽しく、時折おこるハプニングに口もとが緩むことも。

キャッチコピーどおり、ゆるゆると楽しめるガチな知識。
アクアリウムを知っている方はもちろん、知らない方も、その魅力を楽しんでみてください!

★★★ Excellent!!!

アクアリストの世界は、私は正直無知でしたが、軽い気持ちで拝読したところ、その奥深さに驚きを禁じ得ませんでした☆

熱帯魚飼育を始めようとした女子高生が、アクアリストの同級生にノウハウを教えてもらうわけですが、注意点とその理由を詳しく分かりやすく説明してくれているので、思わず私も熱帯魚を飼ってみたいなと思わせてくれます♪

また、魚の種類も豊富であり、魚を一つ一つググってみると、説明されているとおりのユニークな特徴が確認できますので、実に面白いです(*^^*)

熱帯魚についてよく知らない私のような方も、存分に楽しめる作品だと思います!

ストーリーとしても和気藹々としており、熱帯魚を見るようにリラックスしながら読むことができます!

個人的には、カラーのミニ図鑑付きの文庫本で、拝読したいところです!

★★★ Excellent!!!

そもそもアクアリストとは何?
アクアリウムを楽しむ人たちのことをそう呼ぶそうです。
ではアクアリウムとは?
この物語においては観賞用に熱帯魚や水草を飼育栽培することです。

とにかく、この世界は奥深いです。
熱帯魚の知識はもとより、水槽の管理の仕方、魚同士の相性などなど。
読んでいく内にわかったような気になれます。

基本的には初心者の小清水由那と師匠の巳堂琴音の関係で話が進んでいきます。
特に巳堂琴音の揺れる心に注目ですね。

★★★ Excellent!!!

まず正直に申しますと、私はアクアリウムについて全然知りませんでした。
興味もなかったです。

にもかかわらず、この小説はそれでも読むと面白い!

女子高生が何人かあつまって、水槽の話、生体(魚)は何を買おうか、レイアウト(水槽の中)はどうする?……。
等々をしていくわけですが。
アクアリウムという女子高生としては珍しいであろう趣味を軸にして、なんとも言えないむず痒い友情模様が展開されていきます。

登場人物が皆それぞれに違った可愛さをもっていて、ゆるい日常系百合物を見ている感覚で読めます。
癒されたいひとに特におすすめかもしれませんね。(私は癒されます

アクアリウムに関してはかなり本格的な知識が知れると思われるので、興味のあるかたは参考にもできることでしょう。

趣味物としても、日常物としても、レベルの高い作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

16話までですが、最初はアクアリウムとか興味なかったです笑

ただ、読み進めて行く内に、丁寧な熱帯魚や古代魚の説明とか、適した水槽や飼い方などが分かりやすく描写されてます。
その上で出てくる女の子のキャラが日情系で、面白く癒されます! キャラにもアクアリウムにも癒されるという、素敵なお話ですね。

アニメ化したら熱帯魚の綺麗さとか、女の子のキラキラ感が余計に現れるなぁ。と、勝手に妄想しながら読ませて頂いてます!

アクアリウムって、なんだ? って方にこそオススメしたいです。知らない世界を知る事が出来る素敵な作品だと思いました
(*・ω・)

★★★ Excellent!!!

家庭で始められる小さな水族館。アクアリウム。

アクアリウムをめぐり
少女達が交流を深めていく
ガールミーツガール。

それは
四角い透明な宝箱と
水色と緑と光の世界。

それは
大切な友達と過ごした
特別でかけがえのない時間。

そんな毎日が嬉しくて、楽しくて
それでもどこか、少しだけ切なくて。

アクアリウムなんて分からない。
そんな人にこそ読んでほしい
甘酸っぱいストーリー。

★★★ Excellent!!!

どちらかと言えば個人主義、友達と呼べる人物は千尋くらいだった琴音。
そんな彼女がある日、アクアショップで見るからに初心者な小清水が気になり、つい声を掛けてしまう。そして千尋、後に小清水のクラスメイトである莉緒が加わりアクアリウムを通じて関係を深めてゆくお話。
アクアリウムに関して全くの初心者である小清水に押し付けるのではなく丁寧に、わかりやすく教える琴音と千尋の説明は同じく知識の無い読者である私にも「そうなんだ」と思わせてくれるわかりやすさと面白さがあり、またそれぞれ創りたい景色、好きな魚が違って琴音達もまた同じ趣味の話を通じて知識と仲を深めてゆきます。
不愛想に振る舞いながらも実際は御節介焼きで優しく、少し寂しがり屋な琴音、小動物のような可愛さと芯の強さを併せ持つ小清水、飄々としながらも時折思慮深さを覗かせる千尋とお嬢様でありながら親しみやすさのある莉緒。彼女達がこれからどのように仲を深め、変わってゆくのか。とても楽しみでおすすめです。

★★★ Excellent!!!

この作品の魅力は、
読者の分身とも言えるアクアリウム初心者の由那に、
一から十まで事細かくアクアリウムの始め方について説明されていることですね。
魚も意外に人に懐くことを知ったのは驚きでした。
この作品読むだけでオールオッケー感が凄いですね。

また、様々な種類の熱帯魚が紹介されていくうちに、
「由那はどの熱帯魚を選ぶんだろう?」
とこちらの方面での楽しみも生まれ、
読む手が進むエッセンスになっています。
テレビでも芸能人が家を探す番組ありますよね? あんな感じで、
そして由那が選んだのは思いもよらぬ「あの魚」でした。

物語の流れとしては、女子高生のゆるーい日常ベースの作風なので、
肩の力を抜いてのんびり読みやすい作品です。
今、新しくペットを飼おうかと考えているそこのあなた!
この作品を読んで、熱帯魚も検討してみてはいかがでしょうか?

★★★ Excellent!!!

アクアリウムと聞くと清涼感がありますよね。
実際には水生生物の飼育設備の事を指すので、つまり水槽で魚などを飼うことです。
こういった生きものを飼うことについては、やはり男性の方がハマりやすいジャンルにあると思います。
しかし、もしもそれを女子高生がやっていたら、そしてそのアクアリウムをキッカケに友情が芽生えた女子高生達がいたら……そんなどこかにいるかもしれないJK達の日常を描く素敵な作品です。

本作の見どころの一つは、作中に登場する水生生物達です。
水槽飼育というテーマにおいてどういう魚を飼うのかという話は最も重要ですが、その中でブルームーンギャラクシーヘッドやブラックアーマードプレコといった名前を見た際、思わずどんな姿をしているのか調べてしまうと思います。
これらの特徴や飼い方などの知識は、実際にアクアリウムをやる人以外はなかなか知る機会が無いと思うので、話が進む度に未知の世界への扉が開かれていく感覚を覚えます。
そして実際に飼ったらどんな風に泳いでくれるのか、そういった想像をさせてくれる、楽しい作品です。

また、そんな水生生物を飼おうとする一人のJK由那と、既にアクアリウムの経験があってひょんなことから由那と繋がりを持つことになったJK琴音、本作の主役である彼女達がアクアリウムを通して友情を育み、しかしそれ以外はとてもありふれた日常を送ります。
その日常感こそが、とても良いのです。
水槽の中で揺れる水草の様にとてもゆるやかな空気が流れていて、読んでいてとても心地良い気分になります。
彼女達は水槽の中を泳ぐ魚達を見守っていますが、そんな姿を私達読者は小説という名の水槽の外から見守る。そんな感じにずっと眺めていたい作品です。

少しでもアクアリウムに興味があるならオススメです。
JK達のゆるやかな日常系が読みたいならオススメです。
どっちも興味があるなら今すぐ読みまし… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

日常系としても、知識モノとしても楽しい。
様々な楽しみ方が出来る作品です。

アクアリウムを通して進んでいく少女たちの青春模様。
見ていて心がほっこりさせられます。

知識モノとしても、それまでは知らなかった世界を知れる、新しい知識を得られる、そんな読書の魅力を存分に感じられました。

アクアリウムをテーマにしており、作中にも個性豊かな様々な魚が登場します。作中に登場する魚を画像検索しながら文章を読み進めてみるのも楽しいですよ。私の場合、本文を読みながら、ブラックアーマードプレコの画像を始めて見た際は、思わず「おおー」と感嘆してしまいました。

今後の展開もとても楽しみです。

お勧めの作品です。
是非とも読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

私はあの独特の雰囲気を文章で表現できるとは思っておりませんでした。
それぐらいに、この物語の登場人物達は魅力的で、生きているのを感じます。
それは丁寧で綺麗な文章のお陰に他ならず、それに支えられた登場人物達はすごく可愛い。
それだけでも充分に読む価値があります。

話が前後してしまいますが、他のレビューで書かれている通りに、アクアリウムへの知識も素敵です。

私は正直に言うと、釣った魚を触れないほどに魚が苦手です(汗
そんな私でも面白いと思えるほどにお魚達の魅力も伝わってきます。

すごい。
好き。
是非読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!

一人暮らしをきっかけに熱帯魚を飼いたい小清水由那と、ひょんなことからアクアリウムの師匠となった巳堂琴音の友情物語。

人付き合いがあまり得意ではない琴音と、人懐っこい由那のアクアリウムを介した交流が萌えます。

普段はクールな琴音だけれど、アクアリウム初心者の由那を見かねて水槽のセットアップの手伝いから、フィルターのろ過の仕組み、砂の敷き方に水草の管理まで懇切丁寧にレクチャーしてくれて、意外とお節介焼きでこだわりを持っているギャップが魅力です。

小さな魚でも実は凶暴だったり、ストレスを与えない環境作りが必要だったり、生き物を飼う難しさを知って、うっかり者の由那に責任感や使命感が芽生えてきたり、お互いにまったく違う性格なのによい影響を与えっている姿が心温まる。

ひょうきんな顔のパロットファイヤー、コブ付きのフラワーホーン、熱帯魚の王様ディスカス、その他にも色合いも縞模様も姿形も多彩な熱帯魚から、自分だけのマイフェイバリットを探していく展開が楽しい。

それぞれ個性も豊かでキラキラと綺麗な熱帯魚の世界、まさに琴音や由那たち女子高生のよう。

由那がどんなアクアリウムを完成させるのか、期待が高まります。

(「女子高生だけいればいい」特集/文=愛咲優詩)

★★★ Excellent!!!

アクアリウムを通じて広がっていく女子高生たちの友情の輪と、
ディスプレイされた水草が揺らめくような青春の煌めき。
「これぞライト文芸!」といった軽やかな筆致ながらも、
確かな文章力でその2つが淀みなく描かれています。

また特筆すべきは、主題である「アクアリウム」についての知識量。
さらりと読みながらも学べる小説であると同時に、
「とても面白そうだなぁ」と素直に思うことが出来ました。

今度ホームセンターに出かけた際には、
水槽を眺めて目を輝かせる彼女たちの姿を探してみようと思いました。

まだ始まったばかりのアクア・デイズは、
果たしてどこへ向かうのでしょうか。

続きをとても楽しみにしています。