やがて来る僕らの終わり

作者 髭鯨

虚構と現実の狭間、うすら見えるのは首なしの少女と赤い××

  • ★★★ Excellent!!!

これは現実なのか、夢なのか。
殺ったのは誰なのか。
いや違う、僕じゃない……。

平凡な町に突如起きた二人の殺人事件。共通するのは二人とも首が無いという事。次々と明らかになる真実に、あなたは対峙出来るか。

世界観、表現、キャラクターどれをとっても見事です。このストーリーの一番深くに佇む真実に、あなたも吸い込まれる事間違いありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

木沢 真流さんの他のおすすめレビュー 514