あとがき

番宣小説になりましたが、1時間ほどで書き上げました。

これが言わば演義であり、正史は現在連載中の「それは、欲望という名の海」で描いています。


雰囲気は違いますが、「それは、欲望という名の海」では渋川家に入った隼人正が重要なキャラクターとして、ちょうど「その後」を描きます。どうぞご覧ください。


「それは、欲望という名の海」

https://kakuyomu.jp/works/1177354054885223644

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

転生者の天下取り!~一橋家が天下を狙います~ 筑前筑後 @chikuzen

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ