主従の夜

作者 土御門響

少年の真摯な気持ちと少女の慈愛

  • ★★★ Excellent!!!

短いながらも、丁寧で細やかな心理描写。

その文章能力が、話を引き立たせます。

切なく、上品で、読んだ後に心にしっかりとした読後感を残してくれます。

少女の言葉が、泣かせます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

十歳になった王子についた護衛士。それは同い年の少女でした。
一生を共にする専属の護衛士の彼女は、そのまだ短い人生の時間を、護衛士になるための訓練に費やしてきたため、心を失っているようでした。

そん… 続きを読む

牧野 麻也さんの他のおすすめレビュー 273