JA、即ち農業協同組合は異世界に行く

作者 眞道 亀吉

20

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

北海道S町の農協事務所。そこは完全にお通夜ムードになっていた。
ただし死んだのは人ではない――“町”だ。

哀愁を肴に杯を傾ける農協課長 鈴石耕助 をはじめとした『抗戦派』の面々。そんな必要とされなくなってしまった彼らを、彼らだからこそ、必要とするひとつの国があった。


様々な要因が複雑に絡み合う異世界召喚ファンタジー。
『異世界だ』と侮るなかれ。一癖も二癖もある面々と緻密に練り上げられた設定はきっとあなたを満足させ、物語の世界に引き込んでくれるだろう。


果たして異世界に根付くのは『ジャガイモ』か『ゲリラ』かそれとも……。

★★★ Excellent!!!

背景事情がリアル。
思考回路がリアル。
個人差がリアル。

求めるものも価値基準も違う人々が、それぞれの専門分野に情熱を傾けます。必然、掘り下げた話になります。にもかかわらず、話の難しさを感じさせません。とにかく分かりやすいのです。

あと、完結していません。
先がむちゃくちゃ気になりますので、覚悟をきめてお読みください。