チェスト!幕末坂高校剣道部

作者 純太

現在の高校生、幕末の京都を駆ける!

  • ★★★ Excellent!!!

幕末の京都。
言わずと知れた日本の歴史の大きな転換期の中心となった舞台です。

そこに現れたのはどう言うわけかタイムスリップしてしまった現代の高校剣道部5人。むやみに歴史を変えてはいけないと肝に銘じ、迂闊な行動をしないよう心がけます。
一人を除いては……
ネタバレになるので伏せておきますが、スタート直後からいきなり歴史は大きく狂ってしまい、彼らもその大きなうねりに飲み込まれてしまいます。


この話の魅力は、敵味方問わず登場人物がとにかくカッコいいんです。幕末の京都だけあって歴史に名を残す有名人ももちろん沢山出てきます。そして高校生五人も、それぞれがそんな猛者たちに負けないくらいの存在感を持っているのです。
いかに剣道をやっているとはいえ、現代の高校生が幕末の京都で何ができるのか?そんな疑問を抱きながら読み始めたはずなのに、読み終わった頃にはこいつらなら大丈夫といった、不思議な魅力と期待感を持って彼らの事を見るようになっていました。

時に笑って、時に手に汗握る。時空を超えた一大活劇となっています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

無月兄さんの他のおすすめレビュー 1,674