チェスト!幕末坂高校剣道部

作者 純太

えっ、坂本龍馬救っちゃった⁈ 高校生剣士たちが動乱の世で大暴れ!

  • ★★★ Excellent!!!

『歴史を改変してはならない』。タイムスリップものの大原則です。
それを序盤でいきなり覆しているのがこちらの作品です。

この作品を語るにあたり、天童豪太という人物の素晴らしき魅力をまず第一にお伝えしなければなりません。
野獣のような見た目の通り、性格は短絡的で破天荒——という言葉では表しきれないほど、もうハチャメチャ。
錚々たる幕末の志士たちとの腹の探り合いの場面であっても、タメ口聞くわ大酒喰らうわ(2留なので合法)の平常運転。それが彼を底の知れない大物に見せるけど、実際は何も考えていないという突き抜けたバカ。
しかしその強さは本物で、刺客たちに襲われても豪快な大立ち回りで切り抜ける。
彼のせいでとんでもない歴史改変が起こってしまうのではとヒヤヒヤしつつも、周りの勘違いに思わずニヤリとして、どうにも憎めない人物なのです。

その他の部員も、クールなイケメンにストイックなボクっ娘美少女、歴史ヲタ男子にギャルマネージャーと、個性溢れるメンバーで好バランス。
キャラ同士の掛け合いの中に丁寧な歴史解説があり、幕末に詳しくなくても理解しやすい親切設計です。

迫力あるアクションシーンも見どころの一つです。
剣道の動きや呼吸、現代と幕末時代の技の違いなど、作者様の豊富な知識に裏打ちされた描写。
それでいて戦いの「見せ場」がカッコよく描かれており、非常に読み応えがあります。

幕末の動乱にがっつり巻き込まれた彼らがどのように活躍していくのか、そして無事に元の時代に帰ることができるのか。
この先も要注目です!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

陽澄すずめさんの他のおすすめレビュー 752