げんこいっ! ~ 源氏ア・ラ・モード 恋クリーム仕立て ~

作者 桜井今日子

36

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あの源氏物語が、作者様の「超訳」フィルターを通してコミカルに描かれる愛のストーリー!

現代風のアレンジが加えられており、平安で繰り広げられる日常が読みやすくなっています。

光る君の発する毎回異なる愛の決め台詞にニヤリと笑い、夕くんと雲子の恋バナに感動し、音楽隊と共に笑顔を奏で、女性陣に呼び出しされヒヤヒヤする。
そして、本日も、パレス六条平安なり。

1話1話読後、ハッピーになれる作品です♪

★★★ Excellent!!!

千年の昔から変わることのない永遠のスーパースター、光源氏。『源氏物語』は、そんな彼と美しく魅力に溢れた姫君達との、色とりどりの恋の物語。
けれど、学校の授業などで古語辞典をめくりながらうんうん唸った記憶が、その世界をちょっと近寄り難いものにしている気もします。

この物語は、普段なかなか奥を覗くことのできない光源氏の華やかな暮らしぶりを、彼を取り巻く姫君、従者、女房達の生き生きとした視点を通して賑やかに、そしてコミカルに描き出す、大変新しい切り口の作品です。今様の軽やかな空気をしっかりと取り込みつつ、当時の風物や行事など正確な時代考証の加えられた描写とのバランスも崩れておらず、作者様ならではの優雅で明るい空気を生み出しています。

『源氏物語』関連だからと身構える必要の一切ない、イケメンスーパースターと彼を取り巻く人々の、底抜けに楽しいストーリー。いつ訪れてもほっと心を癒してくれる、明るい魅力に満ちた物語です。

★★★ Excellent!!!

女性を見れば恋に落ちて、落ちての光る君。
甘い思いばかりじゃなく、時には修羅場や嫉妬を目の当たりにして怖い思いをしますけど反省することもなく恋に生きる光る君。
女性陣に甘い言葉や決めセリフを決める光る君と個性豊かな登場人物たちも交えての笑いあり、切ないシーンありの素敵で楽しい物語を堪能できました。
光る君とは対照的に夕くんと雲子さまの恋の話……親と子でここまで恋の形が違うんだね。
読後はハッピー気分になれました~なの。

★★★ Excellent!!!

作者さまお得意の源氏物語。
いつもの【超訳】をもっと振り切って、とっても砕けた構成になっています。

皆さま。
源氏物語というと、どんな印象を受けますか?
光源氏って、どんな人?

難しい古典だと思ってます?
ううん。違う。
源氏物語は、千年前の方々がドキドキうるうるしながら追い掛けた恋愛ドラマ。
光源氏がどんな人かは、あなたの目で♡

★★★ Excellent!!!

千年の時を経て、いまだに女性を中心に胸をときめかせる希代の物語、それが「源氏物語」です。
映像、漫画、文芸に関わるクリエーターたちに、一度はこの物語を自分流にアレンジしたいと思わせる我が国の最高傑作と呼んでも過言ではないでしょう。
そして、ここに大胆に「桜井今日子バージョン」なる新たな「源氏物語」
が誕生いたしました。
根底は無論本家のストーリーを追っております。ご覧いただければおわかりになりますが、パーフェクトに編曲されております。
例えるなら、バッハやモーツァルトの原曲を、現代風のポップな表現で語るというアレです。いくら原曲が良くても、アレンジャーの腕が悪ければ台無しです。今作は喝采をおくりたいほど見事にキマっております。
笑いあり、涙あり、ハラハラドキドキの「新・源氏物語」です。
どうせ編曲するならこれくらいでなきゃ、いけません。
とにかく読み応え十二分の仕上がりとなっております。
老若男女問わず、どなたへもお奨めできる良作です。

★★★ Excellent!!!

『源氏物語』を、ものすごくわかりやすく、とてもたしいく教えてくれる作品です。

やはりというか、なんというか、源ちゃん、憎めないです。しょうもない大人なんですが、憎めないんです。この作品を読むと、すごくそれがわかります。

切ない描写もありましたが、パレス六条、本日も平安なり、というキメ台詞に救われました。

千年前からのトキメキ。それは、源ちゃんがくれるものでした。

★★★ Excellent!!!

源氏物語をいろんな描き方にしている人はいるけれど、これは今までと一味違う斬新な描き方ではないかと思います。

堅苦しいイメージの古典も、ずいぶんくだけて現代風にアレンジされています。

例えば平安時代の優雅な言葉の数々が現代のものに置き換えられていますが、それがまた絶妙で、思わずクスリと笑ってしまいます。

この置き換えのセンスや、話ごとにBGMを選ぶセンスが私はとても大好きです。

なにせ三人官女はSKJですからね(笑)

気楽に古典を楽しみたい方にお薦めです!

★★★ Excellent!!!

読んだ事が無くても、源氏物語の名前くらいは知っているという人も多いでしょう。
この物語はそんな源氏物語の主人公、光る君と彼を取り巻く人々のが巻き起こすラブコメディです。

数多の女性と浮名を流す、稀代の女好きである光る君。現在ではバッシング物の彼ですが、時は平安時代。一夫多妻が文化としてあるこの時代では彼の好意も咎められるものではないのです。
それに光る君は惚れっぽいだけの男ではありません。パレス六条平安呼ばれると東京ドーム1.3個分に相当する大きな御殿を建ててはそこに何人もいる奥様方を屋敷に住まわせ、その一人一人をしっかりと愛するという愛多妻家なのです。

ただ、いくら何でもこの多すぎる彼の女好きには浮かない顔をする奥様や、騒ぎ立てるゴシップ誌なんかももちろんいるわけで。
時に光る君の前で修羅場を展開させる奥様方。カプチーノを飲みつつ光る君の女性関係について噂をする女房達SKJ(三人官女)。
光る君に仕え、彼の女性関係に振り回される羽目になる源ちゃんズ(光る君私設管弦楽団)。
魅力的なキャラクターがBarでお酒を飲みながら恋愛観について語ったり、週刊誌を読みながら恋バナで盛り上がる姿は「平安時代なのに?」と思わずツッコみながらもそのギャップが面白く、次は何が起きるのかつい気になってしまいます。

源氏物語に興味はあるけど、堅苦しいイメージがあって中々読めないと言う人こそ、ぜひこの作品を読んでみてください。
修羅場も恋バナも苦労話も、クスリと笑えて楽しめるお話となっています。