三月のソリューション

作者 杉浦 遊季

50

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

学園タイムリープ青春ストーリー。
繰り返される青春。
タイムリープというよりも、タイムリピート(?)

SF的な雰囲気でありながら、学園での恋愛が絡むのでそれほど重くはありません。
タイムリープが登場する作品は多彩で、なかには破天荒な作品もあるかと思いますが、本作は地に足つけた雰囲気です。
現実感、リアリティをないがしろにしないものは、私の好みです。

★★★ Excellent!!!

タイムリープという難しい設定をうまくこなしています。説明を飛ばさず、長くなりすぎない程度に抑えていました。

巻き込まれる登場人物たちが卒業を控えた中学生であることから、生活においてもタイムリープすることにおいても、知識や想像するための人生経験が十分でないだろうという前提も無視することなく書かれています。

ジャンルはSFですが、動機は若者らしい恋から始まります。そしてタイムリープによる影響と恋心の狭間で主人公の選択にやきもきさせられます。

最後まで読むと、SFのカテゴリーに「なるほど!」となるのではないでしょうか?

★★ Very Good!!

好きな子を救うためにタイムリープを繰り返す、青春SFといった様相です。

ミステリ的な側面もあり、彼女が死に至る過程やそれまでに変遷する感情についても、きちんと物語の中から読み解くことができます。

タイムリープや時間に関する解釈も丁寧に語られていて、内容を噛み砕くことが出来ます。

好きな子を助けるために、奮闘する主人公の姿を応援してあげてください。

その上で、最後まで読んだ時の読後感は。

きっと。

★★★ Excellent!!!

タイムリープ。
SFというジャンルにおいては、王道のテーマと言っても良いかと思います。
この作品の特徴は、その手の内が序盤に明かされているところ。
さらに物語は単純明快。

 なんどもなんども二日間をやりなおす。
 ただ、想い人の謎の「死」の真相を知るために。

ネタバレにならない程度に申し上げますが、
本当、わりと何度も、タイムリープします。
それだけに、途中で退屈になってしまう危険をも孕んでいるこのテーマ。
しかしこの作品においてそのような心配はございません。
明かされる謎と、新たに生まれる謎。
そのバランスが絶妙で、中だるみしないで一気に読めます。

特にタイムパラドックス説明パートにおいては、
小難しい言葉が用いられがちな場面でも、
しっかりとしたロジックで噛み砕いて説明されており、
SF初心者の私のような者にもわかりやすかったです。

さらに青春ものならではの、癖のある登場人物たちによる人間ドラマも魅力的。
中学卒業式間近の独特の空気感に包まれて、等身大の少年少女が生き生きと会話します。

そして是非この作品は、最後の最後まで読んでほしいです。
単なる「少年少女の「少し不思議」な物語」という一言では片付けられない、
綿密に練られたタイムリープの構想と意外な展開に、
思わず唸らされること間違いなしです……!

★★★ Excellent!!!

 ひょんなことでタイムリープしてしまった主人公は、思い残していた憧れの女の子に告白をしに行く。しかし、事態はとんでもない方向に向かっていってしまうのであった。
 回を重ねる毎に謎が謎呼び、主人公の考察も相まって物語が深くなっていきます。内容は単純ながら小さな疑問点が浮かんでは解消されていく構成が、見ていて非常に面白いです!

 SF好きな方以外にも内容が分かりやすい為、多くの人にオススメ出来る作品です!