紅凰の学園戦活

作者 ろーくん

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全80話

更新

  1. 序章:流れる赤と白
  2. 序章1 赤髪の少年
  3. 序章2 その運命、夜天が流星の如し
  4. 序章3 本好きの旅人が落ち居る処
  5. 第一編:学内選抜戦技大会
  6. 赤と白の学園生活
  7. 第1章1 嗚呼、素晴らしき劣等生
  8. 第1章2 元・悪戯小僧の成績
  9. 第1章3 皇女様の胸の中
  10. 第1章4 眠れる少女?の庭
  11. 第1章5 燃ゆる赤毛と焦燥の黒頭
  12. 〇閑話:人物紹介.その1 ――――――
  13. 第2章1 浮きて春、白水に始まる
  14. 第2章2 後輩たちの向く先
  15. 第2章3 賢き者は人境を解する
  16. 第2章4 元・悪戯小僧の才能
  17. 第2章5 選抜に向けて
  18. 〇閑話:人物紹介.その2 ――――――
  19. 〇閑話:裏方執事が見る日常 ――――
  20. 大会の序曲
  21. 第3章1 多様な出場者達
  22. 第3章2 練習と備え
  23. 第3章3 リッド vs スィルカ
  24. 第3章4 シオウのチカラ
  25. 第3章5 庶民上がりの覚醒者
  26. 〇閑話:人物紹介.その3 ――――――
  27. 〇閑話:シオウのアルバイト ――――
  28. 第4章1 代表選抜戦技大会
  29. 第4章2 迂闊に動かぬが定石
  30. 第4章3 それぞれの予選戦略
  31. 第4章4 スィルカの苦戦
  32. 第4章5 実戦に勝る訓練なし
  33. 〇閑話:人物紹介.その4 ――――――
  34. 〇閑話:リッドの休日 ――――
  35. 勝利への知恵と工夫
  36. 第5章1 挑むに知者欠ける
  37. 第5章2 チーム戦略の差
  38. 第5章3 風の定義
  39. 第5章4 戦力の要とチームの要
  40. 第5章5 智を務める者の戦い方
  41. 〇閑話:人物紹介.その5 ――――――
  42. 〇閑話:皇帝と妃とお姫様 ――――――
  43. 〇閑話:魔法の杖 ――――――
  44. 第6章1 難であるは不明たればこそ
  45. 第6章2 魔法使いの弱点
  46. 第6章3 勝つは強きにのみならず
  47. 第6章4 ダミー・ヒュプノス
  48. 第6章5 秀でんと努力する源流
  49. 〇閑話:人物紹介.その6 ――――――
  50. 強豪のち不穏当
  51. 第7章1 小っちゃい強者
  52. 第7章2 見当違わず、されど当たらず
  53. 第7章3 小童自信 vs 姫姿怠慢
  54. 第7章4 スロースターター
  55. 第7章5 隠された爪に屈する巨人
  56. 〇閑話:人物紹介.その7 ――――――
  57. 〇閑話:公益の盾をかざす我欲 ――――――
  58. 第8章1 男と女と食べ歩き
  59. 第8章2 表怠惰は裏で動く
  60. 第8章3 工房のお嬢さま達
  61. 第8章4 紅玉を濁さんとする戯け者
  62. 第8章5 準決勝を前にする
  63. 〇閑話:レステルダンケの幼な夫婦 ――――――
  64. 場外でほくそ笑む敵
  65. 第9章1 少数の敵は危険な気配
  66. 第9章2 イジメと見なされる強差
  67. 第9章3 割合と分母
  68. 第9章4 闇商人の絡繰り糸は根深く
  69. 第9章5 迫る潮流と小さな試合
  70. 〇閑話:人物紹介.その8 ――――――
  71. 〇閑話:正しく根を回すということ ――――
  72. 第10章1 力の反作用
  73. 第10章2 尽くした者に一輪の花を
  74. 第10章3 第三者の孤軍奮闘
  75. 第10章4 囲った網を引けばいい
  76. 第10章5 暗がりに潜んだ明かり
  77. 〇閑話:チーム・エステランタの善戦 ――――
  78. 決勝の刻
  79. 第11章1 決勝戦に立つ皇姫
  80. 第11章2 お姫様の大胆な作戦
  81. 第11章3 持てない者の努力
  82. 第11章4 耐えた先で灯火は盛る
  83. 第11章5 変わり者
  84. 〇閑話:人物紹介.その9 ――――――
  85. 第12章1 白童は工夫で強者に迫る
  86. 第12章2 木目の剣閃
  87. 第12章3 怪我人の輪舞
  88. 第12章4 それぞれの閑話