……またシロート発言をしてしまったようだな。

作者 如月芳美

88

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一気に読みました。
その感想が「こわくないよ。くいつきゃあしないんだから。だから大丈夫、とはいうものの」です。あ、意味不明ですね。
この意味は読んだら分かります!(……と振り逃げして)

これってエッセイかなぁ? とお困りの様子でしたが、もう何も隠さなくても立派なエッセイですよ!

短編が得意な私だけど、レビューは苦手なのですが、ここはあえてチャレンジしてみました。

★★★ Excellent!!!

書籍化作品「いちいち癇に障るんですけどっ!」の作者でもある如月さん。
その如月さんが赤裸々に思うがままに、いろんなことを語ってくれます。

それは笑える話だったり、ちょっと恥ずかしい話だったり、怒りに感じた話だったり、テーマごとにいろいろと踏み込んで語ってくれます。

シロートあるある、とは言っておりますが、額面通りに受け取ってはいけません。ここに書かれていることは、カクヨムを愛するが故の、愛の説教でもあるのです(とはいえ常に笑わせにかかってますが……)

わたしはこの作者のちょっと高いところから見ている視点、大きく物事を掴み取る感覚、なにより心の在り方のファンです。
このエッセイでは随所にそれを感じ取ることが出来ます。

だからぜひこれを読んでほしい。
そしてこのカクヨムという素敵な空間が、よりみんなで楽しく過ごせる場所になるように、物語に散りばめられたヒントを感じってほしいと思いました。