A-to-Zombie!

作者 時流話説

55

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ある日突然、人が狂暴化して他の人間を襲い、噛みつかれた人間も死に至るかそうでなければ同じように狂暴化してしまう。
そんな現象が起こり、普通の高校生だった主人公の日常は崩壊してしまいます。

設定的にはいわゆるゾンビパニックものではありますが、主人公だけでなく他の生存者たちの視点からも状況が描かれていて、展開にメリハリが生まれています。

普段ならなんてことない、学校の部室やコンビニエンスストア、商店街といった場所が生き残るための戦場と化す様は見慣れている風景であるだけに臨場感があります。

あそこにも、むこうにも動く死体が潜んでいて襲い掛かってくるんじゃないか。
そんな不安に駆られて、ずっと安全な場所に隠れていたくとも、水や食料も確保しなくてはいけません。

ゾンビパニックものというのはそう言ったシチュエーションだけでもドラマが生まれやすい設定ですが、この物語は特に心理描写が優れていて強く感情移入できました。

後半の事件の裏側が明らかになっていく展開も勢いがあり、最後まで楽しんで読むことができました。

★★★ Excellent!!!

通常のパンデミックものとは一味違う、じわじわと接近する恐怖に息を呑みます。
徘徊する『被害者』から身を潜める登場人物の息遣いや、足音、遠くの物音までもが本当に聴こえてくる様な半端じゃない臨場感。
今にも何か起こりそうでなかなか起こらない、でも、確実に『その時』が近付いている。『タメ』の部分でもここまでハラハラさせる作者の手腕に脱帽しながら、登場人物たちの行く先を楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

タイトルを考えついた時点ですごい。ユーモアのセンスありです。

第十五話まで読了です。

臨場感あふれる書き出しで日常が非日常になって引き込まれます。
そんな緊張感の中で周防さんと海老沢の生き残りをかけた密室でのドキドキとかがいい。吊り橋効果で恋になって欲しいと期待しています。

ゾンビという言葉があえて出てこないのも気になります。