カブリオレの季節はおしまい

作者 RAY

112

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

きらめく夏が往こうとしている。
それは夕日が沈むように。

恋は?
夏と一緒に……?
太陽と一緒に……?


でもヒロインは素敵なベンチ(居場所)を見つける。

ふと感傷に浸ってしまう心をノックする秋の夜長にぴったりのストーリー。

個人的にタイトルが大好き💕

センスのいい大人のショートラブストーリーをみなさんにもぜひ(^_−)−☆

★★★ Excellent!!!

夏は、必ず終わる。
それがどんなに愛おしい季節でも。

その寂しさに——何より大切ものさえも、自分の手からすり抜けてしまいそうな気がするけれど。

ひんやりとした秋風に、心許なく揺れ動く二人の心。
その行く先は——。

季節の移り変わりの中でゆらゆらと揺れる、恋心の不確かな甘さ。自分もそんな恋に揺られてみたい。——そう思わずにはいられない、美しい掌編です。