ケツ割り箸魔法少女装少年セイントヒップ

作者 デバスズメ

124

43人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「ケツ割り箸」という胡乱極まりないワードに惹かれたアナタ!是非読みなさい。
魔法少女モノとして勿論良くできているが、そこにケツ割り箸が加わることで作者独特の味を醸し出している。変身モノのアツさもバッチリだ。
あっそこのアナタ!引かないでまずは第一話を読みなさい。

★★★ Excellent!!!

 創作仲間の中でも話題沸騰の本作、どれどれと読んでみたら…気持ちのいいバカ小説ですね!(注:褒め言葉)本当に面白さを追求する時、人は時にバカになることが求められます。発想がまずバカ、尻で割り箸を折る少年が魔法少女になって、食べ物の怪物と戦う。最後は、その悪の根源である割り箸を敵から引き抜き、尻でへし折る!最高かよ…でも、それだけの物語を毎回ちゃんと盛り上げ、読みやすい文体で纏めてあります。あれよあれよと読めてしまう…オススメですよ!

★★★ Excellent!!!

ひとこと紹介がアレでもうしわけないです。
でも、この作品に関しては本当にそう思いますわ。そして、この言葉が最大の賛辞だと思うのですよ。

いや、だって普通考えないでしょ。
魔法少女に変身する少年っていうのは類似例はあるかもしれないけど、割り箸をケツで割るとか(^◇^;)

最高の『頭のオカシイ傑作コメディ』ですよ。
そのわりに物語の起承転結は王道なのでついて行けないってこともなく。
BLとか百合とかショタとかいう風にも見えなくもないですが、嫌悪感が浮かぶ人はあまりいないとおもいます。

まあ、騙されたと思って読んでみて。

★★★ Excellent!!!

「ケツ割り箸」という単語に騙されたと思わせるぐらいに、魅力的な登場人物が織りなすストーリーに、気が付けばすべての話を読了し、次も待ってる状態にさせられました

ネタだけじゃ物語を読む手は止まってしまうので「続きを読ませる力」があるお話であり、巡り巡り動く魅力的な登場人物達だと思いました

展開はある種王道(?)の正体を隠して戦う正義の魔法少女物ながら、それだけに終わらない力を感じさせてくれつつ
重く心にのしかからない心地よさ、さっくり読めつつ、出てきた登場人物達が変わる変わる「変化」を遂げるので
「あれ前の話の時どうだったっけ」と前の話を読み返す力も与えてくれます。

騙されたと思ってお気軽にお読みくださいと勧めたい一作品
文字通り良い意味で「騙された」と色々な人に感じて欲しい
続きも期待してます。
(真面目に書いて良かったのだろうか…?)

★★★ Excellent!!!

ある日、ひょんなことから可愛いマスコットキャラクターを拾ってしまった主人公が、こわーい敵と魔法少女として戦う……そんな王道ど真ん中のお話なのに、1度読んでしまえば忘れることなど出来なくなってしまう。それほどまでにとんでもない熱量で出来た凄まじい小説が、この『ケツ割り箸魔法少女装少年セイントヒップ』です。

次から次へと飛び出すあんまりにもインパクトのあるトンデモワード。それを苦とさせずテンポよく読み進められる文体。そして魅力的かつ可愛い登場人物たち。気づけば最新話まで読み終わり、次の更新が待ち遠しくなってしまう……そんな小説です。

一発ネタと言うにはあまりにも濃すぎるこの小説。これからも応援しております!頑張ってくださいませ!

★★★ Excellent!!!

ケツ割り箸のシュールさに目が行くが、ストーリーは基本に忠実な魔法少女もの。
しかもそれが女装少年でそれが百合BL展開。
ファンシーな怪物たちもお約束通りだけれども、情景を想像すると非常にセクシャルな場面が想起されこれは非常に性癖に刺さる。

サクサクと軽く読め、魔法少女の変身ルールや正体を明かせない事情が説得力を持ってこちらの脳に映し出される。
気付いたら次の話を待ち望んでいる状態になってしまう、これはもはや読む電子ドラッグではないでしょうか。

★★★ Excellent!!!

え~、世の中にはある種の天才がおりまして。

割り箸を尻で割るという世間様から見れば愚行を、小説にまで昇華させ
た氏の天才ぶりに脱帽であります。

★★★ Excellent!!!

「ケツ」やら「割り箸」やら「女装」やら、タイトルのインパクトがあまりにも凄まじすぎる作品ですが、その中に詰まっている中身も強烈なのがこの作品の醍醐味。

色々と些細かわからないきっかけで褌一丁で割り箸を割る、そのせいでとんでもない非日常に巻き込まれる羽目になった少年。色々と無茶苦茶な衣装で、しかも「魔法少女」として日々戦わなければならなくなった彼ですが、その激闘自体は良い意味でかなりの王道、皆の声援を受けて戦う正義の「美少女」なのがまたこの作品の魅力かもしれません。

お腹の底から笑いたい、シュールな世界観を楽しみたい、そしてバトル系の王道作品を読みたい方に是非お勧めしたい作品です……ケツ割り箸は勧めて良いかどうか分からないですが……。

★★★ Excellent!!!

こんなの絶対普通の人は書けないし思いつきもしないでしょう。
そう思う私は変態力が足りないのでしょうか。
是非是非、続きをお願いします。
全裸で正座して待っています。


無茶しやがって… .....
.∧∧  ∧∧  ∧∧...
(  )>(  )>(  )>.
i⌒ / i⌒ / i⌒ /..
三 | 三 | 三 |...
∪ ∪ ∪ ∪ ∪ ∪...

AAが上手く貼れない……

★★★ Excellent!!!

 タイトルやタグを見て「なんじゃこりゃ」と思った人、そのなんじゃこりゃが三十倍位濃縮されて本文が完成しています。ギャグとかツッコミどころ満載とかそういうところを少し飛び越えてなんかもうおぞましくおかしさ満天です。
 ケツ割り箸はじめ細かなガジェットも既に無茶苦茶だが割とナチュラルにそれを受け入れている登場人物全体がどうかしすぎていて変な笑いが出てきます。
 「どうせ思いつきのテンションだけで書いたやつでしょ?」と読む前に思わなかったといえば嘘になる。なるのだけれど、しかし読後の感想としては、「思いつきのテンションだろうがこんなの書けねぇよ!」となってしまった。ものっそい勢いの強さ、それもこの作品の魅力かもしれません。