溺愛もふもふパラダイス ~異世界の王子が干物女子に恋をした~

作者 ayane

101

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

テンポがよく、一気に読みました。
最初に2を読んでいたのですが、なるほど1でこういう事があったんだなと納得し、それもまた楽しかったです。
キャラクターが魅力的で、引き込まれます。パラレルなお話もわかりやすく繋がっていて、読みやすい。
ファンタジーやラブストーリー好きには、たまらないと思います。すごくオススメです!

★★★ Excellent!!!

 作者渾身の恋愛軽劇。なにより主人公の視点が良い。作者一流のテンポの良さで、読み始めたら一気に最後まで進んでしまう。
 一度読んでからもう一度読めば、不条理なお調子者の猫の本音が理解出来てより深みが増すだろう。謎めいた美青年の、どこか浮世離れした言動も然り。
 恋愛小説に少しでも関心があれば絶対に読んでお得な一作だ。
 

★★★ Excellent!!!

 ある日、飼い猫が人間に見え、あまつさえ話ができたら…想像した事は、私もあります。きっと楽しいのだろうな、と思っていたのですが、この物語を読むと「いや、そりゃそうか」と思い直しました。

 考えてみれば、いくら可愛くとも、こいつらは大人で、しかもやっている事は大の大人がやっていたらヤバい事ばかり!

 しかし時折、見せる優しさ、また決して嘘を吐かない誠実さは、イケメンが備えれば最高の条件でもあると思います。

 そんなイケメン猫の魅力たっぷりの本作ですが、そればかりが見所ではありません。

 それぞれのキャラクター皆に心があり、その揺れ動く様を丁寧に書いている所も見逃せません。もっと上手く行く方法があるだろうにと思う事も度々ですが、「いや、仕方がない」という結論に至れる描写、キャラクター造形が、脇役ではなく助演なのだと印象づけられました。

★★★ Excellent!!!

大学卒業後もなかなか就活が思うように行かず、それでも実家で呑気な生活を続けている干物女子の優香。優香と美子、恵太は幼馴染の親友同士。美子は密かに恵太に想いを寄せ、恵太は優香に一途な想いを向けているが、優香はそんな恵太の気持ちには気づかず、美子と恵太の仲を応援しようとする微妙な関係だ。
そんなちょっと残念気味な優香だが、ある日家の階段からうっかり転落。それをきっかけに、ペットの愛猫「かめなしさん」がスーツの似合うイケメンに見えるようになる。
彼の言葉も理解できるようになった途端、優香はかめなしさんが自分に熱烈な想いを寄せていることを知る。今までのチューも添い寝も、猫がイケメンに見えるようになってからは優香にとってはどれも受け入れがたいことばかりで……

そんな、読者の予想を大きく超えてくるストーリーで展開していく、コミカルな要素たっぷりのファンタジックな恋愛物語です。
かめなしさんが猫に見え始めた優香には、これまで経験しなかった出来事が次々に起こります。スポーツジムで出会った謎めいたイケメン・矢吹くんからの甘いアプローチ、親友だったはずの恵太からの告白……干物女子に怒涛のモテ期が到来します。
かめなしさんの秘密と、矢吹くんの謎。そして、自分に想いを寄せる男性三人の間で大きく揺れ動く優香の心……。

物語は、優香をめぐる彼らの関係が大きく展開するところで一旦完結となっています。ここからの物語は続編で存分に楽しむことができそうです。
不思議でファンタジックなドキドキがたっぷりの、きゅんと切なく甘い恋の物語。ぜひ味わってみてください。

★★★ Excellent!!!

ラブストーリーが大好きな方は必見!
かならず心を満たしてくれること間違いありません。
急にモテ出す主人公とイケメン達。
イケメンを巡る友達同士の嫉妬と友情。
そして成長。

それなのに異世界と来たら、間違いなく展開が気になります。
ラブストーリーのなかにファンタジーのスパイスがいい感じで効いています。
読み始めれば続きが気になり、あっという間に最後にたどり着きます。
そして最後は……
ぜひこの展開を楽しんでください!

★★★ Excellent!!!

きゅんきゅんします!!
まずはそれが言いたいっ!!

出てくる男の子たちも、想像したらすごくかっこいい。
女性主人公、めっちゃモテます。
もう完全なる王道ラブストーリーです。
矢吹くんというかっこいい人が出てくるのですが、これ読んだら矢吹くんにホレてまうやろー!です。

…と、そう普通に読んでいると、後半びっくりします。
ただのラブストーリーだと思っていたら、想像を絶する壮大なお話です。

続きがまた別にありますが、最後まで読んでも続きが気になる仕様ですね。
一話の文字数にしても、物語の視点の変更にしても、物語の構成も、全てにおいて本当にすばらしいです。
書籍化された作品を書く人はやっぱり違う。そう思わされます。

きゅんきゅんしたい人、ぜひ読んでください!

★★★ Excellent!!!

就職活動に遅れをとっている優香。
ある衝撃から飼い猫かめなしさんの声が聞こえ、姿が人間に見えるようになって……。

猫耳尻尾のイケメンかめなしさん、正当なイケメン矢吹くん、幼馴染の恵太。
乙女心をくすぐるイケメンたちが勢ぞろい!

そして、就活、恋愛、友情で進んでいくお話かと思っていたら、なんとある場面から急展開!
読者をどんどん振り回してくれるファンタジー要素が加わって、先を読まずにはいられませんっ。

かめなしさんが出てくるたびに、また猫が飼いたくなりました。
もっともっと、まふもふプリーズ!

もちろんわたしはこのまま第二部へ突入しますー。
楽しみですー。ヽ(^。^)ノ

★★★ Excellent!!!

 就活に惨敗し続けているヒロインの優香さんは、とあるきっかけで飼い猫の『かめなしさん』が人間の姿として見えるようになってしまった。

 そんな中、優香さんは謎に包まれたイケメン、矢吹貴さんに出会ってしまう──。

 作中の所々にファンタジーな要素もありながら、ピュアな恋愛模様もしっかりと描かれていて、読めば読むほどに物語に惹き込まれて、最後まで目が放せませんでした。

 時には鋭い指摘をする、かめなしさん。
 幼なじみという関係を壊したくないと願う、美子さんと恵太さん。
 優しくて中身も外見も素敵だけれど、どこか本心が見えない貴さん。

 魅力的な人物達が織り成す恋物語は、一体どのような結末を迎えるのでしょうか。

★★★ Excellent!!!

猫飼いの人なら思ったことはないだろうか?
猫とお話ししてみたいと……。

本作品の主人公はある日の事件を境にペットの『かめなし』さんが猫耳男子に見えるという能力を身に着けた。

毎日イチャイチャしていたけど、急に人間に見えてパニック。
そして、嫌悪感を抱いてしまう。

毎日ラブラブでキスまでしていたのに……

それからというもの、彼女のモテ期が到来する。
人間と猫に好かれた毎日。

うらやましいが、意外と大変だ。
友情、恋愛、嫉妬……。

いつか自分にもその能力が開花するかもしれません。
ここで勉強しておきましょう。

読むと続きが気になってしまうお話です。


★★★ Excellent!!!

優香にしか見えないイケメン男子はペットの猫だから、ママの膝に抱かれていても、親友にキスされても、冷静に眺めることしかできません。

そんな複雑な同居生活に、失踪した人気バンドグループのメンバー達が繋がっていき……。

少しずつ解き明かされていく謎、優香の恋、魅力的なイケメン達。

夢中になって読んでしまいます!

★★★ Excellent!!!

彼氏いない歴=年齢で、しかも大学卒業後の就職先も決まっていない干物女子、優香。
そんな彼女が、ある日階段から転落したことがきっかけで、飼い猫のかめなしさんが人間(しかもイケメン)に見えるようになってしまいます。

それがきっかけであるかのように、干物女子だった優香の状況がめまぐるしく変わっていきます。
王子様のようにかっこいい矢吹君との出会い。
幼なじみのトリオの間に生まれる亀裂。
通っていたスポーツジムでも何かと色々あったりして────

猫なんだか人間なんだかよくわからないかめなしさんと、優香にアプローチしてくる謎のイケメン矢吹君。そしてヘタレながらも優香を一途に思い続ける幼なじみの恵太。
優香をめぐる三者三様の恋模様にドキドキハラハラしますが、私の推しメンはやっぱりかめなしさん!
猫のはずのかめなしさんを見る優香の冷ややかな視線と、それをものともせずに俺様ぶってるかめなしさんのズレが笑えます。

恋の行方は第二部に持ち越しのようですが、少しずつ明かされる異世界での事情と今後の彼らの奮闘がどうなっていくのかというところも大変気になるところです。
まずは第一部の本作をお楽しみください!

★★★ Excellent!!!

主人公優香は恋愛に縁がなかった干物女子……だったのですが。

可愛がっていた猫がイケメンだった‼︎という衝撃的な事態からのモテ期到来。読み進めていくうちに、誰もが恋の波乱と魅力的でカッコいいイケメン達に引き込まれていくのではないでしょうか?


結末前のレビューとなりますが、今日(5月7日)これを書いている今も優香さんの恋の結末が予想出来ずにいます。優香さんの恋がどうなるのか……皆様も是非、見届けてみませんか?

★★★ Excellent!!!

誰に辿り着くのか?複雑な恋愛関係。辿り着けるのは一人だけ。物語の演出にどんどん引き込まれる。
テンポはミデアムな印象。複雑に絡み合う恋愛関係に糸を垂らしている。そして、誰もが意図に辿り着けるものではない。辿り着けなくても別の人生があるだろう。