「ガレオン船と茶色い奴隷」覚書

作者 芝原岳彦

かつて7つの海が沸き立つ時代があった

  • ★★★ Excellent!!!

造船技術が向上し、大航海時代という好奇心に満ちた一時期、西欧から旅立った多くの冒険者たちが類稀なエピソードを残しました。
本作品は学生時に勉強したけれど知っているようで知らないこと、歴史の隅をつつくような逸話の数々を短編として紹介してくれます。
歴史にあまり興味がない人も是非、お出かけの際には携帯してほしい作品。熱い時代の記憶にいつの間にか興奮の中にいざなわれているはず。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

くら智一さんの他のおすすめレビュー 103