アビス・コーリング〜闇に挑む召喚士の物語〜

作者 槻影

1101

392人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まったく、この作者の書く主人公は癖が強すぎるぜ!
好みは大きく別れるところだろうが、うまく“合った”のであれば寝る間も惜しんで読み進めてしまうことだろう。
前作は良作、前前作は傑作であったが、今作は魔作とでも言うべきだろうか。
読みやすく、コミカルでいて廃人の狂気が垣間見える今作品は、まさにライトノベルとして非常に高い完成度であると評価したい。

★★★ Excellent!!!

この小説をもっと早く見付けられなかったのか…。

非常に面白いです。
設定や魅力ある登場人物は勿論ですが、特に文章が非常に読みやすい。

これからも更新楽しみにしております!

★★★ Excellent!!!

ソーシャルゲームに嵌った人間ならばあるあると言いたくなるようなゲーム設定は数あれど、それが異世界にまるっと移転したら阿鼻叫喚ものなのは言わずもがな。
そしてアビスコーリングを極めた主人公にしてみれば、この異世界のゲームの延長戦に過ぎず、登場してくるキャラも大半が取るに足らないNPCに過ぎない。
ストイックなまでのゲーム脳。それ故に一線を凌駕していると言うべきか、はたまたドSなだけなのか。主人公のやり込み感がそこはかとなく感じられます(笑) けれど嫌いにはなれないのもまた不思議w
異世界の現実とゲームの常識、この二つのぶつかり合いの果てに主人公が選ぶ道は……。
愉快で痛快で主人公が一癖も二癖もある物語を読みたいという方は是非一度コレを目に通してくださいませw

★★★ Excellent!!!

彼はガーチャーだ。
根っからのガーチャーだ、面構えが違う。

アビス・コーリングという名のソシャゲー……に酷似した世界で、主人公はハチャメチャをやらかす。
いや、ゲームの攻略的にはというか、廃人としては正しいのだけど、だからこそ人間的におかしな振る舞いを繰り返す。
彼はあまりにガーチャーであり……廃課金者の習性が身に沁みついていたのだ。

札束で殴り合うゲーム。
地獄のような沼。沼どころか奈落。
そんなゲームに近い異世界で、彼は今日も特に感慨もなく口にする。

ぼくなら「リセマラ」だ、と。

……正直、あるある過ぎて身につまされるお話しである。
続きが楽しみかつ、なんか怖い。

★★★ Excellent!!!

流石にここまでの課金クソゲーは現実にもそうそう存在しませんが、ある程度それっぽい面もあるので納得させられます。

アビス・コーリングは実際のソシャゲの悪い面をとにかく誇張したような酷いものらしいですが、裏を返すと『グレードは下がるが実在し得るゲーム』です。

この小説は今一度考えるきっかけになるかもしれません。

楽しくゲームするために課金しますか?
課金しないと楽しくありませんか?

そのゲーム、本当に楽しいですか?

それはそれとしてサイレント可愛いです

★★★ Excellent!!!

※この小説にはクソゲー要素が含まれております。
 主人公のキャラが非常に尖っているので、人によっては無理かもしれません。

 面白いです! 具体的に言うと、感想欄に『毎秒更新してください』のようなコメントが多数見かけられ、私がレビューを書きたくなるくらい面白いです!


 ソシャゲ━━ソーシャルゲームをやっている人なら一度は思ったことがあるでしょう

「なんでいくらガチャを回してもレアが出ないんだ!」と。

 『アビス・コーリング』というクソゲー、ソシャゲ好きの人ならば、クソゲーだとわかっていても課金をやめられない主人公の気持ちに共感できると思います。

 更に、頭のおかしい主人公の行動一つ一つが面白い! 読んでいて吹き出してしまったほどです。また、そんな主人公に振り回されるヒロインたちも魅力的!

 時にはうんうんとうなずきながら、時には爆笑しながら読める、そんな小説です。