異世界転生したけど日本語が通じなかった

作者 Fafs F. Sashimi

すべてのエピソードへの応援コメント

  • #45 頭の悪い人による植物事典へのコメント

    ばなな!\(^o^)/

  • #41 krantjlvilへのコメント

    いや、「恐るべし」は、翠の方だろ!とツッコミたくなる

  • #59 置き手帋よりへのコメント

    某ラノベ信者の方カンカンで草
    人工言語や親しみやすい主人公が好感を持てます。これからも頑張ってください。

  • #62 ただの工事だよへのコメント

    バック?背中?わざわざカタカナ表記?

    カバンのことならバッグですよん。

    作者からの返信

    Xace fua co'st fercuco, @VARIAX-sti!

    Mi nix lorzi'esn fon "Bag" cixj [bæk].
    Fai la lex i, liaxa mi krante nixonj.

    Mi xelvin krantern nixerlestan.
    Xace fua co'd celdinerl!

    2017年11月7日 17:37

  • #62 ただの工事だよへのコメント

    おもむろにライトマシンガンを取り出すヒンゲンファールさんを想像して吹いた。意外とマッチョなお方なんやな

  • #60 ヨークオラ・フォックスは非実在…へのコメント

    前回に続いて他作品の茶化しですか……

  • #59 置き手帋よりへのコメント

    自作より人気が高いのをdisるのはちょっと…

  • #59 置き手帋よりへのコメント

    いつも更新を楽しみにしています。

    ただ今回の他作品を揶揄するようや表現は見ていて気持ちの良いものではありませんでした。

    素敵な作品ですので多くの人に心から楽しんで読んでほしいと勝手ながら思っております。

  • #59 置き手帋よりへのコメント

    Salarua, Fafs F. Sashimi -sti.
    異世界ラノベによくある俺TUEEEなチートもので異世界なのになぜか日本語が通じることに違和感があったので、人工言語を使ったこの作品をとても楽しく読ませていただいています。言語の習得から始まり異世界だけど現実感のある展開や、はっきり喜んだり狼狽えたりする等身大の主人公が大好きです。お体にお気をつけて、これからも更新を楽しみに待っています。

  • #57 誰がサイコパスじゃへのコメント

    あとは銃弾がなくなった特のために装填済み弾倉を貰おうと思ったがタクティカルベルトを引きずり出すには体に触れる必要があった。
    →時のために

  • #54 もしあなたが望むならばへのコメント

    いつも楽しみにしています!

    最近の主人公は、言葉の壁で状況があまりつかめていないのに、割と無謀な行動をしますね
    民兵に逮捕→裁判になった上にスパイに疑われた理由も判然としない状況で外をまた出歩くとは...

    自分にはとてもそんな勇気はないです;

  • #8 貴方は人間かって聞く人、正直言っ…へのコメント

    おお…ドキドキする……

  • #44 芋づる式は疲れるよ!へのコメント

    何せ常に複数かどうかについて気にかけていないと行けないからだ。
    →いけないからだ。

    作者からの返信

    Xace fua co'st fercuco, @ichiji-sti!

    Edixa co'st fercucerl veles kranterno xelvinj!
    Xace fua co'd fenklorvo!

    2017年10月19日 17:05

  • #50 誤認へのコメント

    主人公が連載初日の時点で知り得ない最近のニュースを知ってるとなんだか不思議な感じですね

    面白いです、引き続き更新楽しみにさせていただきます

  • #1 頻度解析の時間だ!へのコメント

    こいつやりやがった

  • #45 頭の悪い人による植物事典へのコメント

    ばなな!

  • #46 Code redへのコメント

    無線で連絡?無線機がある?

  • #44 芋づる式は疲れるよ!へのコメント

    何故かレシェールのことを金髪褐色元気っ子な美少女だと思ってたので、前回で「あれ??」となり、今回で「ああ……」となってしまった
    読み返さなければ……

  • #40 任意の北ソト語が読めないのでアへのコメント

    やっぱり文字が読めると飛躍的に言語能力が上がってくんですねえ

  • #32 なんて勘違い野郎だ、もう助から…へのコメント

    Twitterで知ったものですがすごく面白いです
    これからも楽しみにしています

  • #39 文字へのコメント

    y の発音は中国語の ü に近いんでしょうね。
    この発見が中国語を学習中(仮)の自分の中でとても嬉しかったのでコメントしました。
    毎日見てます、応援してます¡¡¡¡

  • #28 嫌な夢へのコメント

    主人公女の子説

  • #11 ウラジーミロヴィチへのコメント

    面白いと思うんだけど インド先輩は少し無理矢理に感じた。
    主人公が理由があって言語学に多少詳しいって設定の方が、書きやすそう。

  • #33 Xo2 ge ka1へのコメント

    どんどんわかる異世界語が増えていくのが面白い!
    物語の中で、今分かってるリーパイネ語の辞書とか欲しくなっちゃう。

    作者からの返信

    Xace fua akrantio co'st, @ishiokapl23-sti.

    Cene co xel lineparine'd levip fal fqa.
    Tatha la lex plax.

    対訳&言語習得過程:https://sites.google.com/site/3tvalineparine/home/taiyaku

    2017年9月14日 20:58

  • #33 Xo2 ge ka1へのコメント

    まるで将棋だな……

  • #29 音韻緩衝地帯へのコメント

    もしかして、リパライン語には名詞に二つのクラスがあったりするとか…
    翠はいつ、この世界の言語の名前は「リパライン語だ」と認識したんでしたっけ?

  • #33 Xo2 ge ka1へのコメント

    日本語を勉強する為にラノベを漁ったら、いつの間にか架空言語の勉強になりましたw
    某ゲーマー兄妹とか色んなラノベを例えに使うのは、ラノベ好きとしては分かり易いのですが、人によっては作品をディスってるよう見えるかも知れません。言い方を変えたり、説明文で誰でも読める予防線を張ったりした方がいいと思います。
    あと、書籍化したらリパライン語の文字が使えると思いますので、楽しみです!

  • #33 Xo2 ge ka1へのコメント

    巷に溢れている作品よりも言葉の壁がある分、さらに読者に答えが与えられる事なく必然的に主人公と同じ目線なので『何が起きているのか」がゆっくり分かって行くところがワクワクが続くので好きです。

    この感想を書いている間、リネパーイネ語も難しいけど日本語も難しいなって思いました…。

  • #32 なんて勘違い野郎だ、もう助から…へのコメント

    作者はメーデ民だったのか?

  • #32 なんて勘違い野郎だ、もう助から…へのコメント

    私は理系人間として生きてきた為初めて読んだときこんな小説もあるのかと非常に感銘を受けました。恥ずかしながら日本語と英語でギリギリの言語能力ですから割とスラスラ未知の言語を解読していく翠を見ると嫉妬してしまいますが、インド先輩小噺を交えながらの解読過程はあたかも一緒に解読しているような感覚がありとても楽しいです。少し長くなってしまいましたが、いつも更新を楽しみにしておりますのでこれからも宜しくお願いします。

  • #32 なんて勘違い野郎だ、もう助から…へのコメント

    ピトー管にレバノン料理が着氷しそうなタイトルですね…
    とても面白くて更新をいつも楽しみにしてます。

  • #32 なんて勘違い野郎だ、もう助から…へのコメント

    #32 の最後の方でtypoと思わしき記述を見つけました。
    >(楽しく、楽に……チーレムのために……。)

    >(楽しく、楽に……ハーレムのために……。)
    だと思われます。

    作者からの返信

    Xace fua co'd fenklorvo, @YSR-sti.

    "チーレム" veles quneo virlartergerl "チート" ad "ハーレム"'it fal waxundeen dusnijrakrantien als falvits japaeo'dy.
    La lex g'es, la lexe'd ftless es niv ny julesn fal firlexol mi'st.
    Xace fua lirfo co'st mal plax dalion tatha mi'd kranteerl fasta nartainil!

    2017年9月11日 20:55

  • #32 なんて勘違い野郎だ、もう助から…へのコメント

    言語を分析して行く過程、読者にも主人公にも把握できない現状、とても楽しく読ませていただいています。

  • #32 なんて勘違い野郎だ、もう助から…へのコメント

    対訳の方を見て吹いてしまった・・・不覚

  • #31 幻覚だったのかなへのコメント

    言語は理解できませんが、学ぼうとする姿勢やインド先輩の逸話が面白いです。
    どんどん学んでいく翠の姿と、異世界の背景が明らかになるのを楽しみにしてます。

  • #10 ナシ・ゴレンへのコメント

    ここまで不思議な言葉の感覚が面白くて読んできましたがナシ・ゴレンも聞き慣れたけど不思議な語感で好きです。変な表現ですけれど、すごく文章の響きが面白いです。

  • #30 しゅぷらーふいんぺりありすむすへのコメント

    話してる言葉はわからないが、ドジっ娘だああああ!!!(歓喜

  • #15 破裂する林檎へのコメント

    つまりこれを見てる我々はキャラなのか……

  • #27 Grammatical Moodへのコメント

    会話が成立するとこっちも嬉しくなる

  • #21 ことのはアフィクスリラートへのコメント

    読みながら自分でも解析を試みる読者とか居たりするのかな

  • #1 頻度解析の時間だ!へのコメント

    続きが気になりますね

  • #4 使える言語へのコメント

    分かった部分の訳が出るのは面白い

  • #1 頻度解析の時間だ!へのコメント

    pretend to be a native reader( ´∀`)
    a totally new experience to read a ラノベ like this(`・ω・´)

  • #15 破裂する林檎へのコメント

    Frisk es...?

  • #14 ઞへのコメント

    着の身着のまま荒野に放り出されるよりも主人公が異世界人だという実感が湧く作品ですね。

  • #1 頻度解析の時間だ!へのコメント

    作れんことはないって言っても
    言語を作るって
    相当大変ですよね…
    トールキン氏は
    指輪物語で作中に出てくる
    エルフ語を作りましたが
    彼自身が言語学者だったから
    できたことですよね…
    作者さんすげえ…

    (関係ないけど指輪物語の
    言語にまつわる設定集
    読むと楽しいでっせ)

  • #1 頻度解析の時間だ!へのコメント

    現実に異世界転生なんか体験したら、言語だけじゃなくて食べ物とかでも積みそう……
    初めての海外旅行で現地の食べ物にドン引くあの感じで

  • #17 レトラの灯りへのコメント

    相部屋!相部屋!

  • #26 バターの香りへのコメント

    異世界ものとして、言葉の苦労が書かれているのは新鮮で、面白いです。
    色々と大変だと思いますが、これからも頑張ってください!
    応援しています!!

  • #26 バターの香りへのコメント

    めっちゃ面白いし面倒な場合は言語学部分を流して読んでも充分楽しめます。
    (ただ作者はその部分に時間をかけているので先を書くのが大変だとも思う)
    ゆっくりでいいので続きを期待します。

  • #16 移動開始へのコメント

    「爆破する」は他動詞だから、「屋上部分の先の建物が爆破した。」は「爆破された」か「爆発した」でないといけない。

  • #11 ウラジーミロヴィチへのコメント

    プレート持ってるのはエレーナ?

  • #9 貴方の文字はへのコメント

    co(ソ)が入ってるから、「あなたが描いた物は何?」あるいは「あなたの○○?」的な言い回しだったと予想。
    最後の文、lyjotと文末のlyも関連がありそう。

  • #26 バターの香りへのコメント

    先の展開が気になる
    おもしろい!!

  • #3 等式文って言うらしいよへのコメント

    単純に好きだ!

  • #21 ことのはアフィクスリラートへのコメント

    25話まででこの回が最高に面白い。分かるか!と匙投げつつめっちゃ解析進んでるじゃない。

  • #1 頻度解析の時間だ!へのコメント

    めっちゃこころ惹かれます\\\

  • #12 まるで異世界料理の宝石箱や!へのコメント

    誤字と思しきところがあります!最後から2文目はチーレムで正しいですか?

    読んでいてすごく勉強になります。深夜に1話から読み始めて、止まりません

    返信なんとか読みました。チーレムはチートとハーレムを合わせた言葉で、日本の異世界転生ものでは普通に出てくる表現だから、誤字ではないのですね。
    普段ラノベを読まないもので、失礼しました。
    返信を読む過程でリパライン語の理解がちょっと深まったので、これからより作品を楽しめそうです。次回更新お待ちしてます!

    作者からの返信

    Xace fua co'd fenklorvo, @okjhgt_ygfdsw-sti.

    "チーレム" veles quneo virlartergerl "チート" ad "ハーレム"'it fal waxundeen dusnijrakrantien als falvits japaeo'dy.
    La lex g'es, la lexe'd ftless es niv ny julesn fal firlexol mi'st.
    Xace fua lirfo co'st mal plax dalion tatha mi'd kranteerl fasta nartainil!

    2017年9月5日 00:45 編集済

  • #25 疑わないへのコメント

    twitterより。
    異世界転生モノ?ま〜たかwという雰囲気で読んだらまさかの一気読み
    本当にページをめくる手が止まらないほど面白い
    何より主人公と読者が同じ気持ち、考えになれるのが楽しい
    続編期待しています、頑張ってください!

  • #25 疑わないへのコメント

    Twitterで流れてきて思わず一気読みしてしまいました…
    だんだんパズルが解けていく気持ちよさに引き込まれます!

  • #25 疑わないへのコメント

    ツイッターで紹介してる人がいて興味を持って読んでみましたー。この手探り感が非常に面白いです!
    続き楽しみにしてますー。

  • #25 疑わないへのコメント

    ミステリーの犯人当てはホワイダニットにしか興味がなく、トリック考察は平気で読み飛ばす至らない読者なので言語解読パートは訳だけ読んでますが、面白いです。
    単語の意味解読という小目的がさくさくと解決されるので気持ちよく読めるのが良いです。

  • #25 疑わないへのコメント

    リアリティあふれることのはアr……

  • #11 ウラジーミロヴィチへのコメント

    Twitterの紹介から来ました。良いと思います。

  • #24 Court caseは裁判格で…へのコメント

    コミュニケーションもののジャンルSFとして面白い!続きもっと期待してます!

  • #24 Court caseは裁判格で…へのコメント

    言語学の話すごく面白いです!
    サンスクリット語齧ってすげー難しかったこと思い出しました…wあの言語の要素があったらもう主人公も解読できないだろうなぁ…w

  • #24 Court caseは裁判格で…へのコメント

    実践的で面白い…

  • #21 ことのはアフィクスリラートへのコメント

    なるほどわからん
    でもおもしろい

  • #3 等式文って言うらしいよへのコメント

    異文化交流…いいですね。、

  • #2 言葉は通じずともへのコメント

    面白いアプローチですね

  • #12 まるで異世界料理の宝石箱や!へのコメント

    読んでいてとても楽しいです。昔の人はこうやって語学を学んだのかしら…

  • #8 貴方は人間かって聞く人、正直言っ…へのコメント

    大学で言語学かじってました。
    どうなるのか楽しみです

  • #1 頻度解析の時間だ!へのコメント

    面白いと思ったが、これ『異世界転生』じゃなく『異世界転移』じゃ………?

    作者からの返信

    Xace fua co'd melson lkurfo, @AhiruSontyo-sti :)

    Cirla io 八ヶ崎翠 lidysteinesk jurnerfergonj favj.
    Zu 『異世界転生』 eso es niv fafsirl! (firx plasasti!)

    2017年8月15日 20:57

  • #4 使える言語へのコメント

    独自の言語を使う、という所の工夫が面白さを引き立てていて好きです

  • #2 言葉は通じずともへのコメント

    暗号解読の様になってる……続きを期待

  • #1 頻度解析の時間だ!へのコメント

    面白い……

  • #1 頻度解析の時間だ!へのコメント

    自分で言語作って小説の題材にするのは流石に笑った。
    期待。