紫の壁とルバーブクランブル(エルムバンク)

作者 赤坂 パトリシア

28

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

長編『お片づけの依頼はエルムバンクまで』のスピンオフ。
マキカは、どうしても寝室だけ片付けられないベティから依頼を受ける。

私事で恐縮ですが。
昔、口に出さない要求に従わせようとする人が周囲にいまして。
振り回されて疲弊したので、
「明確に発言されない要求は存在しないものとして扱う」
(子供は除く)(もちろん私自身にも適用)
というのが信念です。

立場上、ベティの口からは絶対言えないのはわかるんですよ。
これは周囲の人が察してあげなきゃ駄目だ。
でも、私の信念との折り合いをどうつけよう……。
と悩んで、7月に読了したときには感想を書けず。

再読しました。
ベティは、「気づかせないように頑張ってる」んだ。
察してチャンではない。
口に「出さない」と「出せない」は、大きな違いがあるんですね。
頑張ってる人の心から漏れてしまうSOSは、誰かが気づいてあげなきゃいけないのではないか?
――という結論にようやく到達したので、今更ですがレビューさせていただきます。

★★★ Excellent!!!

『お片づけの依頼はエルムバンクまで』の続編、中編。前作に引き続き拝読しました。
今回は、なぜか寝室だけが片付けられなくなっている女性のお話です。

前作は、イギリスの溜め込み障害の老婦人のお話でした。彼女の人生と抱えている問題が、イギリスの近代史や風俗とともに丁寧に語られ、精神医学的な裏付けもしっかりした、読後感のよい作品です。
オーガナイザーとして仕事を始めたマキカと、彼女と一緒に仕事を始めたトリシャの活躍。お片づけと同時に、すれ違っていた夫婦の気持ちの問題も綺麗に片付きます。

このシリーズは、登場人物がみな個性的でありながらリアリティもあり、素敵だなあと思います。私は「かっとばす」トリシャが好きです。

★★★ Excellent!!!

部屋に罪はないし、そのセンスが悪いわけでもない。
それを選んだ人を嫌っても憎んでもいないけれど、
恋する心には、絶対に受け入れられないこともある。

男は鈍感かもしれないけれど、たぶん逆バージョンもあり得る。
何かきっかけをつくって本当のところを見せ合えるのなら、
そしてそれで関係がより固くなるなら、きっとそれでいい。

★★★ Excellent!!!

「片付けられない」と一言でいっても、理由はいろいろあるのだ。
ベティは紫の壁に阻まれて、動けないでいる。


模範的ゴミ屋敷をピカピカに磨き上げた、マキカとトリシャのその後のお話。もちろん、こちらから読んで、レディ・ミルドレッドに会いに行くのもアリだと思います。サクッと読める分、はじめましての方はこちらをオススメしたい。
『プロフェッショナル・オーガナイザー』のお仕事を知り、人の悩みを解き放つのは人の優しさなんだと暖かな気持ちになれること受合い。是非どうぞ。