I She

作者 六畳のえる

125

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初からちょくちょく出てくる謎の数字を気にしながら読み進めていくと……いつのまにかに二度読みしちゃうちょっと切ない短編傑作。

私は一度もそれを使ったことがない人間なので、意味が分かったあとも「そういう仕様だったのか…」と謎の切なさも味わいました。けど、私の人生にもこんな青春がありますようにという祈願を込めて、それを使ってみたくなりました

★★★ Excellent!!!

数字と数字、そしてそれらを繋ぐ矢印が作品中に出現します。
どういう意味なんだろう?
よし、見破ってやる。

意気込んで読み始めましたが、×印でやっとわかるという始末。惨敗。

数字に注目して読んでたにも関わらず、二人の会話がスッと入ってくるのもお見事。

説明過多でも説明不足でもない絶妙な文章に、ぜひ踊らされてみてください!

★★★ Excellent!!!

最初から出てくる謎の数字に、これはなにを表しているんだろうと思いつつも、物語へ。
物語は二人の掛け合いが主になって進んでいきます。
爽やかだな、と思っていたら……。

そして、最後。
数字の意味がわかると同時に、タイトルの意味や、どうして掛け合いがメインだったのかが理解できて、思わず読み直してしまいます。

爽やかさを味わいたい方、胸をキュッと締め付けられたい方、そして、二度読み必須の面白さを味わいたい方、ぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

冒頭から日付と謎の数字が出てきます。
1度目は、謎がわからぬまま読み進め、後半で、そういうことだったのか!と気づかされます。

2度目は謎を理解した上で、数字を追っていきます。
おーおー。ほんとだ、確かにそうなってる。と喜びます。

そして3度目に物語も含め、改めて読み、数字の増減をみると、胸が苦しめられるような切ない思いをします。

楽しかった時間や、だんだんと減っていく時間、そういった気持ちの変化までも数字に出ているような気がしました。

仕掛けはもちろん、ストーリーの展開もおすすめです!

★★★ Excellent!!!

説明が難しいのですが、本当にいろんな「なるほど」がつまっています。こういう視点から世界を眺めてみるといろんなことが新鮮に感じます。その作者様のセンスに脱帽致しました。

数字もなんだか気持ちに現れているような……?
そんな気もしてしまうような、いろんな角度で、いろんな物事が味わえる物語でした!

★★★ Excellent!!!

ついつい笑みがこぼれる軽い会話で進行する、深くて味のある恋物語。
この時点で二つの魅力が楽しめるのに、三つ目の仕込みがちらちらと視界を横切ります。
なんだろう、この数字。そう思った時にはもう遅い……。

皆様も、この不思議な魔法にかかってみませんか?

最初からミステリ気分で拝読させていただいたので、数字の意味はすぐに分かったのですが、分かったからこそ面白い。
さらに、それ自体が……、おっと、これ以上はご自分の目でお確かめを!

実に楽しい作品でした!

★★★ Excellent!!!

日付以外の数字が気になっていたのですが
なるほど、そういうことか! とすぐにまた読み返しました。
オチがわからなくても、わかってもおもしろかったです。
タイトルも、読まないとわからないというのが良いですねえ。

会話だけでわかる関係、状況、楽しそうな雰囲気。
もう、この辺りは才能とセンスが物を言いますね。
本当にすばらしいです。