わけありご飯、お届けします。

作者 美鶏 あお

54

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ある休日、突然、ランニングシャツから入れ墨がのぞく、見知らぬおじさんがやってきて――?

衝撃的なシーンから始まる掌編。
文章は流れるように読みやすく、しかもきっちりと仕込まれたドラマ。

読み終わる時には、思わず目が潤んでいるかもしれません。

ぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

 作中に現れるのは、それはごく平凡な「ご飯」。きっと誰しも、一度は食べた事があるでしょう。今日のメニューはこれにしようと思い立っても、それは簡単に実現出来る、手軽なもの。
 然し、真にそのメニューに込められたのは、手軽さでは無く人の思い、過去、人生そのものであり、満たされるのは食欲だけではございません。「ご飯」の描写も一級品。読めばきっと、腹は減るが心は満たされる。
 ちなみにその「ご飯」、私は一度も美味いと思った事が無ければ正直嫌いなメニューなのですが、これを読んで、案外悪くないのかもなと思いました。嘘つけえって? まったまたぁ!
 なら騙されたと思って、そこのあなたもご一読!

★★★ Excellent!!!

巷には一人暮らしの男の部屋に美少女が転がり込む話はいくつもあれど、ランニング一枚のおっさんが転がり込む話はそうないでしょう。
そんなおっさんと主人公が紡ぎ出す心温まる小品です。
秀逸に描写された料理が、とても美味しそうで食欲が刺激されました。
きっと人間の舌というのは、食べ物の味だけを記憶するのではないのでしょうね。

ご馳走様でした。

★★★ Excellent!!!

宅配と偽ったおっさんの訪問に初めは主人公と共に戸惑いますが、ユーモラスな文章と展開が気持ちよく、思わず主人公と共に歩む――物語の下僕となりはて、その行方を追ってしまいました。

そんな魅力がある作品。
一話で読め、なんか最後は良い気分に浸れます。
コメントにも書きましたが、おっさんのあの言葉がこの物語をあたたかく包み、おっさんの役割やこの物語のテーマを象徴しているような気がしました。

星3つ、おすすめです。