わけありご飯、お届けします。

作者 美鶏あお

149

54人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

『極道』という一般人にはあまり親しみのない設定ですが、『料理』というテーマがストーリーをマイルドにし、同時にマッチした『味』になっていたと思います。
調理、食事の描写を主に置きながら、物語も滞りなく進行していたので、とても読みやすかったです。
少なからず、私も料理の描写はするので、勉強になりました。

★★★ Excellent!!!

たまごかけご飯。
チャーハン。
多くの日本人にとって、何度も食してきたであろうおなじみの味が、物語とともに読み手の意識に沁みわたっていきます。

そのあたたかな手料理に込められた、数多くの感情。この上なく深い愛情。

一粒一粒、ゆっくりとかみしめながら、存分に「ご飯」を味わえる短編集。
冷めないうちに、一杯いかがですか。

★★★ Excellent!!!

ヤクザと見まごうようなスキンヘッドのおっさん。彼はわけありの奴らに思い出のご飯を出前することを趣味にする酔狂なおっさんなのだ。実費のみで手数料は取らない。
設定が面白く、心の機微を繊細に描いた人情話にホロリとくる。そして、何より注目すべきはご飯の描写だ。卵かけご飯、チャーハンと日常的な食べ物ながら、作者の手腕によってなんとも美味しそうな料理の数々が目に浮かんでくる。自分が飯をかっ込んでいるような、そんな気分になってくる。
美味しいご飯を食べたいなら、食材やレシピに凝るよりも、この小説を読むのが一番かもしれない。

★★★ Excellent!!!

俺、昔東京に住んでた時、実家が米農家だったから、米は送ってくれて充分あったんだけど、貧乏でオカズが無い。

暫くの間、醤油だけで炒めた醤油チャーハンをおかずに、炊いた白米を食べてました。

醤油チャーハンだけで良いじゃん?って思うけど、実際醤油だけじゃ味が単調で飽きちゃうんだよねえ。

そんな昔のお話。

★★★ Excellent!!!

大切な人が死ぬと、自分までその人と同じように死の世界に引きずり込まれてしまうこともある。

他人のことばかりが羨ましくなって、自分自身と向き合うことすらしなくなる。

昔食べた料理が呼び覚ましてくれる思い出と後悔。

けれど懐かしの味は彼らを未来へ連れて行ってくれる。

素敵なお話でした。

★★★ Excellent!!!

ある休日、突然、ランニングシャツから入れ墨がのぞく、見知らぬおじさんがやってきて――?

衝撃的なシーンから始まる掌編。
文章は流れるように読みやすく、しかもきっちりと仕込まれたドラマ。

読み終わる時には、思わず目が潤んでいるかもしれません。

ぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

 作中に現れるのは、それはごく平凡な「ご飯」。きっと誰しも、一度は食べた事があるでしょう。今日のメニューはこれにしようと思い立っても、それは簡単に実現出来る、手軽なもの。
 然し、真にそのメニューに込められたのは、手軽さでは無く人の思い、過去、人生そのものであり、満たされるのは食欲だけではございません。「ご飯」の描写も一級品。読めばきっと、腹は減るが心は満たされる。
 ちなみにその「ご飯」、私は一度も美味いと思った事が無ければ正直嫌いなメニューなのですが、これを読んで、案外悪くないのかもなと思いました。嘘つけえって? まったまたぁ!
 なら騙されたと思って、そこのあなたもご一読!

★★★ Excellent!!!

巷には一人暮らしの男の部屋に美少女が転がり込む話はいくつもあれど、ランニング一枚のおっさんが転がり込む話はそうないでしょう。
そんなおっさんと主人公が紡ぎ出す心温まる小品です。
秀逸に描写された料理が、とても美味しそうで食欲が刺激されました。
きっと人間の舌というのは、食べ物の味だけを記憶するのではないのでしょうね。

ご馳走様でした。