頭の片隅に、北大路魯山人が浮かびましたw

『極道』という一般人にはあまり親しみのない設定ですが、『料理』というテーマがストーリーをマイルドにし、同時にマッチした『味』になっていたと思います。
調理、食事の描写を主に置きながら、物語も滞りなく進行していたので、とても読みやすかったです。
少なからず、私も料理の描写はするので、勉強になりました。

その他のおすすめレビュー

常陸乃ひかるさんの他のおすすめレビュー220