私のまぶたに背信を咲かせて

作者 篠崎琴子

儚げな語りに涙する

  • ★★★ Excellent!!!

とても美しい情景描写です。
さくらの子を身篭った少女の内面が静かに綴られていて、切なく感じる中に彼女の意志の強さを感じました。
とても切なく、儚い。
心の奥に、ジン……と来ます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

土御門響さんの他のおすすめレビュー 222