私のまぶたに背信を咲かせて

作者 篠崎琴子

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 とうめいな言葉で綴られる物語。恋、というものの。あるいは、そういった言葉で呼ばれる気持ちの、なにかの。
 うつくしい、という言葉では届かないほどの。激しい雨が降った次の日の朝の、しんと静まり返った空気の、濾されきった言葉で紡がれていく物語。
 息を止めるような、それでいて、息を吸うような。

 とてもとても、好きなお話です。