「生き抜くための力」剣に託して

 冒頭の少年を襲う悲劇から、それに続く一見淡々とした傭兵の人生へ。その鮮やかなコントラストに、秘められた物語の本流がどこへ向かっていくのか、強い興味をそそられます。主人公フィルにとって、剣を振るうことは生き抜くこと。ゆえに彼が力を爆発させる戦闘シーンは、読み手の心に迫る迫力あるものとなっています。
 始まりのタイトルは『逃亡』です。しかし、読み進むにつれ、彼らが前へ前と『進撃』していると感じる、これは力強い物語。誰もが彼らの旅の仲間になりたくなるはず!
 ちなみにファンタジー初心者の私は、映画『指輪物語』や『ホビット』の映像世界で脳内再生し、タンノーしております。押しメンは、酒を愛する陽気なゴーシェ様。

その他のおすすめレビュー

美鶏あおさんの他のおすすめレビュー2,685