茜空と先輩。

作者 奔埜しおり

梅雨空から覗いた、輝く太陽

  • ★★★ Excellent!!!

いつも見かける、気になるひと。
文化祭でその人の撮った写真を見たことから、物語は大きく動いていきます。
悲しい過去。
踏み出せない、あと一歩。
無邪気に、健気に先輩を見つめる主人公。
思わず、頑張れ、って。大丈夫だよ、って。
声を掛けたくなる痛痒さ。

ちょっとずつ。少しずつ。
開かれてゆく心を。
育ってゆく想いを。

どうぞ応援してあげてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

早瀬翠風さんの他のおすすめレビュー 597