暁のオーガヴァル ~「最強伝説騎士オーガ」を敵に、「皮肉屋青年・のじゃ魔術士コンビ」があれこれ活躍する物語そのいち~

作者 かえる

27

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

大国の脅威にさらされる独立間近の港街をめぐる王道ハイファンタジー。王道とはかくあるべしという、胸熱な展開、かっこいいアクション、美しい魔術。主人公ら二人の会話の応酬も楽しい。「それはずるい!」と叫びたくなる瞬間があったが、それも含めて王道だった。
「正しさ」がテーマの一つになっていて、大切な者を守るために戦うこと、掟を守ること、強者に従うこと、妥協すること、耐え忍ぶこと、静観すること、象徴を信じること、どれも誰かにとっては正しくて、誰かにとっては正しくないのだが、主人公が自分なりの「正しさ」を選んだシーンが印象に残った。

★★★ Excellent!!!

以前、作者の小説を読んでいたことで本作も読んでみた。
以前の作品よりも熱い展開が少なくなっているが、それを補うかのように登場人物の心理描写や葛藤を上手く描いていて「また、違うテイストで書いてきたな... ...」と一人、玄人おじさんのように感嘆した。

あらすじにもあるがハイファンタジーには少し邪道(良い意味で)ともいえる「科学的要素」が盛り込まれており、「銀翼のファム」とか「忘念のザムド」の世界観を彷彿とさせた。

魔術的要素の裏にはキチンとした背景やそれに伴う政治的アプローチも細かく描写されており、中二病の私には大好物な作品。
最新話でリアンの過去も語られ、段々とキャラクターにも愛着というものが芽生え始めた。

少し大人な魔法の世界の物語を堪能したい方はぜひご一読を。