異邦人、ダンジョンに潜る。

作者 麻美ヒナギ

990

350人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

おいしい料理を作りたくて、土壌の生成から始めたような、そんな膨大なオリジナルの塊。

異世界には異世界が紡いだ歴史があって当たり前のはずだが、それを1から設定するには多大な労力が必要だ。
故に、「そこまでできるファンタジー作家」は一握りで、成し遂げた作家の作品はどれも一級品だ。

なにより、異世界そのものや異世界に向かう動機や背景が完璧で、不自然な事に対する不自然さにまったく違和感がない。
それでいて簡潔でわかりやすく、主人公にがっちり視線を奪われたまま僕らを物語に連れて行ってくれる。

完璧な導入部、まずこれが素晴らしい。


これからこの作品を読み始める方、
あなたはまったく知らない神話を知る事になるでしょう
あなたが想像もしていなかった冒険を目にする事になるでしょう

本作で体験する、極上の未知やスリルが羨ましい
きっとびっくりして、混乱して、ゾクゾクすると思います

「絶対に埋もれさせてはいけない名作」
こういった言葉がしっくりくる作品です

どうぞ、未知の扉を開いてください
どうぞ、未知への扉を開いてください
そしてたくさんの人々に知って欲しい

この作品の事を
この作者が紡ぐ物語の結末を(まだ未完である、っふはw)

★★★ Excellent!!!

人工知能とともにたった一人異世界に行く主人公は、人類の存亡をかけ悪魔たちと戦うこともなく現地人と馴染みつつ目標であるダンジョン攻略をする。
入り以外はテンプレの異世界転移ものだが見せ方が面白い!
チート能力を持たず、人々との交流によって築いた絆によって困難を乗り越える様子は、王道とも言える。

★★★ Excellent!!!

このサイトでは初めて出会った本物のファンタジー小説。

ネット小説にありがちなマンネリは無い。

魅力的なキャラクター。立ちはだかる何人もの強大な敵。

それをギリギリで乗り越えていく度に成長していく、主人公。

物語へ引きずり込んでいく繊細な心理描写。

幾つにも張り巡らされた伏線、それを回収していく喜び。

久しぶりに読んでいてワクワクする小説に出会うことができました。

是非騙されたと思い、読んでみてください。

気が付いたらいつの間にか時間を忘れて読みきっていることでしょう。

★★★ Excellent!!!

これは今まであったどの話とも違う、本当の意味での冒険だ。
一人ひとりに背景があり、一人ひとりに思想があり、一人ひとりに目的がある。
その為には誰かを利用して、裏切ったり、また裏切られたり、またまたそれに横入りされたり、読んでいて飽きない。

とにかく、気になったら最初だけでいい、読んでみて欲しい。

★★★ Excellent!!!

それぞれのキャラがそれぞれの思惑を持って動いている。
絆を深め、愛を育み、しかし裏切りもし、敵対もし、
当たり前のように死んでいく。
最近の軽い、内容の無い予定調和の俺TUEEE作品とは
一線を画す。傷付き倒れボロボロになりながら
己の意思を貫き通す様は、圧巻の一言。

★★ Very Good!!

長い作品で色々な出来事が起こり、謎解きもあり盛りだくさんですが、章立てが上手くされているので読みやすい。
料理の描写が多いので冗長と感じる人もいるかもしれませんが、個人的には楽しく読んでいます。

主人公がボロボロになりながらも死中に活を求める感じが面白い。
ピンチに賢い主人公が素敵です。

要素もSF、ファンタジー、冒険、政治劇、人間関係、謎解き、料理、歴史、家庭、サバイバルetc..と、たくさん入っていて良いですね。

最近は大仰な台詞回しがかっこいいというよりは、クサすぎると思うところも多いですが…
それはさておき、更新が楽しみな作品です。

★★★ Excellent!!!

A.I雪風、が登場するあたりからしても作者は神林長平のファンかと思われますが、世界観と展開もまたかの巨匠を連想させるものとなります。
全てに容赦なく、それでいて優しい。
まさかネット小説でこんな佳作に出会えるとは望外の喜びです。
書籍化されたら必ず購入したいです。

★★★ Excellent!!!

ボロボロになって死にかけても強敵に立ち向かう主人公が好きな方にはたまらないと思います。
自分にはとてもヒットしました。
またヒロインも個性的なキャラが揃っており可愛い子が多いです。
そして周囲のオッサンキャラもいい味を出してます。

他のレビューでもありましたが個人的には真ヒロインはイゾラさんだと思います!次いでマキナ!

★★★ Excellent!!!

ひところの転生無双モノ批判からこっち、困難と戦いながら進むタイプの作品が反動で増えたなと思います。
これもその一つなのかもしれませんが、冒険のファンタジックな描写とか、運命論的な筋書きが好みで楽しめました。身を削って進んでいく作品が好きな人はぜひ。

★★★ Excellent!!!

主人公が貧弱スタート、そこからの成長が良い。
あとエルフがカワイイ。
戦闘シーンは手に汗握るぜ!
あと獣人がカワイイ。
出会い・別れ・愛・裏切り…ドキドキが止まらない。
あと神様がカワイイ。
200話以上連載しても、楽しく読み続けられる、バランス感・世界観。
あとロボットがカワイイ。
過多とも思えた料理ネタが、こんなにも楽しくなるなんて…
あとおじさんもカワイイ。
細かな伏線回収は部ごと行われるので読みやすい。大きな伏線はお楽しみ。
あと…まあ、カワイイから読めということさ!?

★★ Very Good!!

前半:王道冒険ファンタジー+SF風味
中盤:ダークファンタジー
後半:○lood borne!?

展開がジェットコースター的な感じで全く先が読めない。文章の質量共に良いとは思うが、登場人物が謎を残してかなりの頻度で死ぬので、彼らの幕間的な過去話が欲しいかなと思った。

★★★ Excellent!!!

知能犯みたいな主人公の腹黒さと細かい異世界の設定が活きてますね。猫さんの正体は何となく察しましたが、どうストーリーに絡んでくるか気になって読み進めてしまいました。
はたして苦難を乗り越えていつか妹さんのところに帰れるんでしょうか……。