焼き肉と美少女

作者 蒼山皆水

123

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

焼肉を介しての会話が、ダジャレっぽい遣り取りや、頓知っぽい遣り取りを要所要所に挟んであって、非常にテンポ良く流れます。
短編ですし、読んでいると早々にオチは想像できるんですが、だからこそ主人公を「だからさぁ、お前さぁ」と言いながら後ろからド突いてやりたくなります。そうなんです。容易にオチを予想できること自体が作品を楽しむ薬味となっているんです。構成の妙ですね。
星の数は、短編にはMAX2つが信条だからです。

★★★ Excellent!!!

まず、焼き肉が食べたくなります。
いえ、おごっていただきたくなるような、楽しい物語なの、ですが……!
流石作者様といいますか、素敵なところでこう、ぐっとひっくりかえしてくるのですよね。
オイシイのは、焼き肉だけではありません。
読了後の爽やかさが半端ないです。

ちなみに「好きな人の好きな人ってわかっちゃいますよね」は、すっごく好きな言葉です。切ないですよね。でも、好きです。

★★★ Excellent!!!

主人公に想いを寄せるヒロインと、まったく気付かない鈍感主人公。
設定はよくあるものかもしれませんが、構成と展開がとても上手なので、新鮮な感覚で読めます。
むしろベタな設定にしたことでこの「魅せ方」がより活きてるような気がします。

ただの青春と侮るなかれ、その中身は読んでるだけでニヤニヤできるハイクオリティーなコメディーだ!

★★★ Excellent!!!

 ああ、もう、この朴念仁め!
 オマエを網の上で焼いてやろうか!

 美味しそうな関係性にニヤニヤ、煙たい距離感にモヤモヤ。
 恋・肉・星を、絡め絡めての美味しいお皿の出来上がり。
 夜空にも、この作品にも、きっと星は輝く。

 失恋の話?
 こんな逢い引きを重ね重ねて。
 2人、このまま合い挽き肉になっちゃいなよ。

 御馳走様でした!

★★ Very Good!!

……っていうタイトルにしてみたんですが、
えーと、これはですね……いやまあ、その
なんといいますか、ごめんなさい
ほんの出来心でありまして……。

ヒロインが「若狭さん」だからなんです(笑)

でも若狭さん、なかなか飛ばしてくれます。

大学生ならではの甘く淡い恋愛模様を切り取っていて
クスクス・ニヤニヤできる短編です。