そこからですかっ?



「走ってきたか?」


 翌朝、息を切らして紗凪が店に行くと、哲太が言った。


「お前のために作ってやった。

 店のメニューにはない試作品。

 オレンジ入りのコールドブリューだ」


「あっ、可愛いっ」


 水出し珈琲にオレンジがたくさん入っている。

 グラスもよく冷えていて美味しそうだ。


「今飲め、一気に飲め」


 はいっ、と喉も乾いていたので、一気にいただく。


「あっ、すっきりして、甘くて飲みやすいです。

 一息に飲んだので、珈琲の味も香りも良くわからなくて、これならいけますっ!」


 は……。

 しまった。


 珈琲の味も香りもわからなくてはまずかったか、と思ったら、案の定、哲太は渋い顔をしていた。


「ああ~っ。

 帰れとか言わないでください~っ。


 いえ、帰れと言われても、また来ますっ。

 だって、好きだからっ」


 グラスを下げようとした哲太の動きが一瞬、止まった。


「この店のトーストが!」


「帰れっ!

 俺にも珈琲にも失礼だろうがっ!」


「え? 俺にも?」

と訊き返したが、うるさい、黙れ、と言われる。


 カウンターからこちらに来た哲太に押し出されそうになりながら、振り返り、

「マスター!

 今日は、フレンチトーストでっ」

と叫ぶ。


「厚切りの、前の晩からつけ込んである、十食限定の!

 ほわっほわっのとろっとろのフレンチトーストでっ!」


 すぐに、

「すみません。

 こっちにもフレンチトーストを」

と言う客の声が聞こえてきた。


 それに混ざってマスターが言う。


「フレンチトースト作っておくから、二人で散歩でもしておいでー」


 外に出された二人で海沿いの道を歩く。


「ひどいですー。

 私、こんなに先輩が好きなのにー」


「トーストの次にだろ……」


「努力は認めてくださいー」

と言うと、

「努力してんの、俺のような気がして来たが……」

と哲太は呟く。


 足を止めた哲太の足許に猫がすり寄っていた。


 哲太は猫を抱き上げ、

「まあ、いきなり彼女とかは無理だが」

と言う。


 えっ、無理っ?

 無理、だがっ!?


「じゃあ、まずは」

と哲太は片手を差し出しながら言ってきた。


「お客様から――」


「後退してってますーっ!」

と言いながらも、その手をつかむ紗凪に哲太は笑った。


 二人の側、潮風の匂いのする道沿いの防波堤を猫がゆったり歩いていった。




                    完

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

猫町の珈琲屋さん 櫻井彰斗 @akito1

フォロー

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料