スパルタですっ



「よし、逃げずによく来たな」


 いつも会社帰りには、見るだけだった店に初めて足を踏み入れた。


 木々の向こう、暖かい灯りのともる喫茶店。


 扉を開けると、森の小人さんでも現れそうな外観だったが、カウンターの向こうでは哲太が腕を組み、仁王立ちになっている。


 何処の軍隊ですか、と思っていると、案の定、訓練が始まった。


「さあ、好きな珈琲を頼め」

とメニューを広げて言われる。


「……ありません」


「この店のオリジナルブレンドでどうだ。

 マスターが日々、せっせと山を越え、豆を手摘みで収穫し、天日で乾燥させて、焙煎しているオリジナルブレンドだ」


「ええっ」


「てっちゃん、嘘はやめて」

とマスターが横で珈琲を淹れながら苦笑する。


「今、飲んであげないといけないような気持ちになってしまいました……」


「よし、じゃあ、その気持ちのまま、とりあえず、なにか飲めそうな珈琲を選べ」

と言われた。


「だいたい、俺は珈琲専門店に他のメニューなんぞいらんと思ってるんだ。

 此処は、純粋に珈琲を楽しむ場所でいい」

と言う哲太に、顔を上げ、


「なに言ってるんですか。

 人々の欲望は果てしないんですよ」

と言って、お前のだろ、という目で見られた。


 そのとき、紗凪が見ていたメニューのページを哲太が変えた。

 大きな手が目の前に降りてきて、どきりする。


「今日はトースト、好きなのを頼め。

 サラダもつけてやる。

 俺の奢りだ」


 夕食どきに呼びつけたからな、と言われた。


「ええっ?

 悪いです、そんなのっ」


「いいから頼め」


 何故いちいち、そんな脅しつけるように言うのですか。

 感謝の気持ちが薄らぐではないですか、と思いながらも、メニューを見て悩む。


「あっ。

 じゃあじゃあ、ガーリックトーストを。


 いやー、一度、この店のを食べてみたかったんですけど。

 会社行く前には食べられないので」

と言うと、


「ガーリックトーストか。

 煮込み系の料理に合うよな」

と哲太は言い出す。


「ビーフシチューとか。

 そこの先の、店の前の花壇で黒い猫がいつも寝てる、青い看板の、昔からある洋食屋があるだろ。


 あそこの、赤ワインがきいたビーフシチューにガーリックトーストがついてるんだが。


 マスターがガーリックトーストを残ったビーフシチューに浸して食べてみろって……」


 やめてくださいーっ、と紗凪は耳を塞ぐ。


「いっ、行きたくなるではないですかっ。

 今日は頑張って、先輩のおっしゃる通り、此処で珈琲飲んで帰ろうと思ったのにっ」


 ははは、と笑ってマスターがガーリックトーストとサラダを出してくる。


 おお。

 さっきから、いい香りがしてると思ったら、もう用意されていたとはっ。


「まだ熱いバケットの上で、じゅわじゅわバターが弾けてるところに、この香草とニンニクの焼けた匂いがなんとも……」

と目を閉じ、嗅いでいると、


「すみません」

と後ろで声がした。


「ガーリックトースト追加で」


「すみません。

 こっちもー」


 店内の客から上がる声に、

「……声がでかいんだよ、お前は。

 そして、お前が来るたび、俺は此処が何屋か見失いそうになるんだよ」

と哲太が呟いていた。


「いっそ、この店に珈琲とか不要なんじゃないかと思ったり」

「……先輩、昔から極端から極端に走る人ですよね」


 はは、と笑ったあとで、紗凪は言う。


「珈琲、飲んでみたいかな、とは思うんです。

 さっきのビーフシューの話じゃないですけど。


 ああいう味の濃い料理を食べたあと、友だちが珈琲とか飲んでると。

 いい香りが自分のとこまで漂ってくるじゃないですか。


 ああ、この香りをこういう食事のあとに味わってみたいなーとは思うんですけど。

 ……飲んだら苦いんですよね」

と笑った。


「……おこちゃまめ」

と言われ、


「はい、おこちゃまなんです」

と言って、サクッとガーリックトーストを齧る。


「ウィンナ・コーヒーで手を打て」


 さっきから、なにかやってるなーと思ったら、哲太は生クリームを泡立てていたようだ。


 ピンと角の立った生クリームののったウィンナ・コーヒーが現れる。


「美味しそうです」


 一口、口にすると、冷たい生クリームが唇に触れた。


「美味しいですっ」

と繰り返す。


 そうか? と哲太はちょっと嬉しそうだった。


 だが、

「……下の辺、珈琲になってきました」

と渋い顔をして言うと、


「珈琲だからな……」

と溜息をつく。


 ほら、と目の前に白い皿を置かれた。

 ほわほわのシフォンケーキの横に生クリームが添えられている。


「生クリーム、泡立てたからついでだ」

と言って、背を向ける。


「あっ、ありがとうございますっ」


「紗凪」

 名前で呼ばれ、また、どきりとしてしまう。


 もう、名字は一生教えまい、と思っていると、突然、

「明日は此処まで走って来い」

と言い出した。


「ええーっ!

 なんでですかーっ?」

とともかく運動が苦手な紗凪が訴えると、


「どうせ、来るんだろ? 明日も」

と言われる。


「……なんだか都合のいい女みたいですね、私」


「どの辺が都合がいい?」

と顔を近づけ、本気で問われた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料