ずっと、キミと。

作者 夜野サクラ

61

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

意外と短い真夏の季節、そんな時を、彼女はとある青年と出会い、
恋にも似た感情を揺らめかせる。

しかし季節も移ろうように、彼女と青年も決して結べない糸をいじらしく持つもごうとする。それは切なくも明日に向かって。

あなたもこんな経験、してみたくはないですか?

★★★ Excellent!!!

青春爽やかストレート!!な作品でした。

シンプルですが炭酸の泡のごとくキラキラと輝いて、泡が消えたような切なさもまた青春って感じのお話です。

まだ明かされてないところがチラホラあり、想像膨らみます。

★★ Very Good!!

千秋の好きな話の展開がハッピーエンドに対して、本作の終わり方が少し悲恋気味なのがグッとくる内容でした。イメージ的には人魚姫。
短いお話なので、展開が早いとも思いましたがいい雰囲気の作品です。もしこれを中編くらいの作品にするのならば、

どうして千秋が図書館にいたのか?
主人公と出会ったことに意味があったのか?(主人公でなければいけないなにか)

とかいろいろ明らかにしていただきたいところですねw

あとあくまで個人的な意見ですが、所々文章が長いので、きりのいいところで段落をもう少し増やすと、Webでは読みやすいかなと思いました(*^▽^*)

★★★ Excellent!!!

これからの時代、主人公の少女のような感じ方、他者との関わり方を選ぶ人が増えたらいいと本気で思います。
読みやすいお話ですが、閉じ込められたメッセージは大切なことだと思います。

★★ Very Good!!

図書館で出会ったのは不思議な雰囲気の少年。
暑夏の蝉時雨が情緒を引き立てており、ひと夏の甘酸っぱい恋と、この物語の持つ不思議な空気を美しく飾ってますね。
少年が何者であるか……個人的にはこの点にも大いに惹かれるものがありました。

★★★ Excellent!!!

青春とメルヘンが混ざり合い独特の雰囲気が醸し出されています。
ある図書館をきっかけに始まった恋の物語。最後の別れは切なくも美しかったです。
是非ご一読を!

★★★ Excellent!!!

 とても丁寧に文章を書かれており、それが主人公の純粋さと混ざり合い透明感のある物語になっています。
 終わり方も切ないながら余韻をもたせるような幕引きで、読み終えたあとに満足感と物悲しさが同時に感じました。
 おすすめです、みなさんもぜひ手に取ってみてください