十六夜を飛び越えて

作者 片瀬智子

マナーを通した心の強さは絶対に挫けない

  • ★★★ Excellent!!!

マナー講師というお仕事を通したこの作品。マナーは形を重要視されがちな印象ですが、大事なのは形よりも心のあり方。そしてそれはマナーだけではなく友人関係やトラブルにも大きな支えになる。それを本作では伝えてきています。

その印象を持ったのは、ほぼ毎話に心の動きの描写があったからだと思います。喜び、愛情、不安、信頼、葛藤……様々な感情が現れ、考えさせられるというか読み終わる度にどこか心に残るんですよ。

様々な感情と聞いて堅苦しさを抱くかもしれませんが、そんなことは一切ないです。軽快な会話と文章で綴られており、むしろ読み易いはずです。

芯のある心とはなんなのか、前を向いて歩く、上を向いて歩くという本質はなんなのか……この作品を読めばきっとあなたの心にも挫けない心が宿るはずです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

マナー講師の女性が主人公の日常ミステリです。
近年ライト文芸を中心として、いわゆる「お仕事物」と呼ばれるタイプの作品が増加しておりますが、礼儀作法をテーマに扱ったものは初めて読ませて頂きました。ミス… 続きを読む

桐華江漢さんの他のおすすめレビュー 141