不良と地味子とボードゲーム

作者 mikio

41

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ボードゲームってホント楽しいゲームなんだと教えてくれるお話です。

子供の頃に遊んだであろうゲームを今作では女子高生達がやっています。だからなのでしょうか……まあカワイイのなんの!
ボードゲームに魅了された個性あるキャラクター達が和気あいあいかつ手抜きなしの真剣勝負。時にお茶目な一面も見せられたらたまらんですよね。

もちろんキャラクターだけではありません。ボードゲームの詳細を事細かに説明してくれているので、まるで自分もゲームをする彼女達を眺めているような感覚になり、ストーリーも自然に頭に入り気が付いたら読み終わっている、そんな感じになりました。

★★ Very Good!!


 「不良」の主人公が、おとなしくて地味な女の子を助けたことから始まる、ボードゲーム・ラブコメ。さまざまなボードゲームを遊びながら、主人公は少女たちと仲良くなっていく。
 ラブコメとは違うか……??

 ハマっていく(性的な意味でなく)主人公が、ほのぼのして面白いです。

 ネットでは「テクニカルな下ネタが良い」などと言われているので、下ネタを期待しながら読みました。最初のほうは下ネタなかったですが、途中から、ひねりのきいた下ネタが出てきたので笑いました。
 そっちのほうもよかったです。

★★★ Excellent!!!

不良と勘違いされてクラスで浮いている少年と、地味だけど、ボードゲーム好きな少女がボードゲームを通して仲良くなる話です。
二人がゲームを通して仲良くなる姿がほのぼのとしていて面白いですね。
一章につき一つのボードゲームがテーマとなっているのですが、読んでいるうちにボードゲームで遊んでいる光景が頭の中に浮かんできて、ついつい自分も遊んでみたくなります。
ボードゲーム好きにもそうでない方にもおすすめの一作です。