この空を飛べたら

無謀庵

この空を飛べたら

 セルリアン問題も片付いて、平和な港近く。

「みゃ―――――!」

 木の枝が折れる音とサーバルの悲鳴に、かばんは顔を振り向ける。

 どしゃっと土に墜落する音がして、心配して心は動いたが、体は特に動かなかった。

 さすがにもう、慣れてしまった。

 サーバルは頑丈だ。木から落ちるくらいは平気だろう。

「まったく、飛べないというのは不便なものです」

 同じくそれを見ていた博士も、特に心配はしていないようだ。

「空を飛べたら便利ですねえ」

「サーバルもヒトも飛べないものなのです。飛ぶのは鳥の特権なのです。賢い私が断言するのです」

 かばんは苦笑する。飛べないことは自分でもよくわかっている。

 そして、タイリクオオカミ作のマンガの続きに目を落とす。文字なしのサイレントマンガだが、キャラクターの動きや表情でよく物語を伝えている。かなり見事な作品だ。

 隣では、博士が動物図鑑を眺めている。

 コンサートステージでPPPが新曲の練習をしているのが聞こえる。音響機器もすっかりマーゲイが使いこなしている。


(なんでそんなことができるんだろう?)

 ふと、かばんは気になってしまった。

 動物は本なんて読めないし、マンガなんて描けないし、オーディオ機器を扱えないし、マイクを持って歌って踊ったりできない。

 ヒトの体になったからできるのだろうか。

 でも、ヒトの体でできなくなることもあるはずだ。

 でも相変わらず鳥のフレンズは空を飛べる。ビーバーは前歯で木を倒せるし、カメレオンは体の色を変えられる。

 フレンズができることと、できないこと、違いはなんだろう。

 そういう、根源的疑問がかばんの脳裏を襲い、一瞬、目の前が暗くなる気がした。


「落っこちちゃったよー」

 サーバルはやっぱり無傷で、いつもどおりに笑いながら戻ってきた。

「ねえサーバルちゃん」

 真剣な顔で、かばんが声をかける。

 こういう時は、何か面白いことを思いついたときだ。サーバルは期待の目で振り向く。

「サーバルちゃんも飛べるんじゃないかな」

 そういうかばんの頭上を、トキが飛んでいる。明らかに小さすぎる翼を、羽ばたかせもせずに、ふよふよと。



 そしてかばんは、プレーリードッグとビーバーの手を借り、一対の翼を作り上げた。

 腕より少し長く、肩から腰くらいの幅。木材を組み合わせた骨格に布を張った、簡素だが頑丈なものだ。

「この羽根で飛べるんだ! さすがかばんちゃんだね!」

「空気を上から下に押す感じで動かしてみて」

 かばんが手振りで指示を出す。

 ヒトなら、こんな翼で空は飛べない。それはわかっている。

「あっ! すごーい! 飛んだー!」

 ぶわっ、という羽ばたきとともに、サーバルの体は大きく浮き上がった。

「続けて羽根を動かして!」

「うん!」

 サーバルはどんどん上空へ。そして勝手にコツを掴んで、真上ではなく前へ進み始めた。

 飛べないフレンズたちが走って追いかける。自分も次に飛びたいと叫びながら。


「あんなもので飛べるはずがないのです。こーくーぶつりがくに反するのです」

「きっと我々は夢を見ているのです。賢いので夢くらい見るのです」

 博士と助手は、愕然としている。

 かばんの仮説はこうだ。

 フレンズは、自分ができると思っていることなら、できてしまうんじゃないか。

 鳥のフレンズだって、物理的には飛べないはずだ。でも、自分が飛べると信じているから飛べているのでは。

 ならば、ヒトの作った不思議な翼という、信じられるモノを与えたら、無邪気なサーバルは自分が飛べると思うはず。

 そうしたら、飛んだ。


 さらにもうひとつ確かめるべく、かばんは口を開く。

「こーくーぶつりがく、では、博士さんの小さな羽根で空は飛べないんじゃないですか?」

 口にすると、禁忌に触れる恐怖と興奮が、心の奥に沸いた。

「な、なにをいうですか。飛べるに決まっているのです」

 明らかに動揺している博士が、頭の翼を開いて、ばさりと羽ばたく。

 小さな風が起こって、それだけだ。

「あれ、あれっ……!?」

 助手も同じように羽根を動かすが、体は飛び立たない。

 自ら疑問をいだいたことで、翼は失われてしまったのだ。




 やってしまってから、これで博士と助手から空を飛ぶ力を奪ってしまったと、酷く後悔したかばんだった。

 しかし翌日になると、気を取り直した博士と助手は、また空を飛んでいた。

「我々が飛び方を忘れるわけがないのです」

「我々は賢いので」

 確かめるように、くるくると空に円を描いていた。


 フレンズたちはまるで他者を疑わず、責めもしない。

 それは、自分に疑問を抱くと、力を失ってしまう存在だからではないか。

「博士さん、きれいに飛びますね」

 美しい滑空を続けるふたりに、一声かけた。

「当然なのです」

 無音で胸を張る博士と助手の向こうに、ばっさばっさと頑張って飛んでいるサーバル。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

この空を飛べたら 無謀庵 @mubouan

フォロー

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料