青い導火線 クセモノたちの狂詩曲

作者 奈月沙耶

30

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

歴史は浅いながらも独自の個性を持つ進学校、青陵学院を舞台に、たくさんの人物の恋愛模様が飛び交います。

非常に多くの人物が登場する本作ですが、全員に個性や背景がしっかり描かれています。
それは主題となる恋愛においても同じ。それぞれの想いの根底がきちんと描かれているからこそ、頑張る場面では応援したくなったり、そして切ない場面では読んでいるこちらも苦しくなります。

本作における恋やその駆け引きは、決して綺麗なだけでは終わりません。時に誰かを傷つけたり、自分自身の気持ちに振り回されて苦しんだりと言った、負の部分と言えるようなところも書かれていました。
ですがそんな痛みこそが、この物語に他には無い魅力を与えているのではないかと思います。

★★★ Excellent!!!

 こういった多数多様な人物が出てくる作品が好きです。特に学園ものでは、そうでないとリアリティを感じられないのです。(少なくとも私は)
 登場人物の多様性、キャラクターのかき分け。それらが巧みに構成されており、唸ってしまいました。

 「ああ、高校生時代に戻りたい」と思わせられます。それは無理なので、特定のキャラクターに感情移入するのではなく、作品内に自身が入り込んでその中で生きたら楽しいだろうなあ、という思いにさせられる作品でした。
 続編を執筆されているそうですので、そちらもゆっくりと拝読させていただきます。ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

 文体は非常に簡潔で美しく、何角関係なのかわからないほど入り乱れてますが、上手くまとめ上げれていて、内容は読みごたえがあります。
 全体のバランスがとれた構成も素晴らしいです。

 序盤は立て続けにキャラが登場してくるので混乱しましたが、調子に乗らずにメモを取ったら、すんなりとストーリーにのめり込めました。

★★ Very Good!!

登場人物が物凄く多いにも関わらず、バックボーンや思いが如実に描かれていて、みんなの心が入ってくるようです。

あまりにも特殊な青春模様。まるでゲームでもしているかのよう。

それもそのはず、誰もが自分の思い通りに事を運ぼうとするのなら、人との交流、それはゲームか戦争か。

恋だって、そう。

泥臭く青臭いのに大人びていて、微妙な年頃の男女がそれぞれに動き回る姿は、まるで切り取られた舞台演劇のよう。

何故か私には、誰しもが見えない鳥籠にでも囚われているかのような閉塞感も感じました。

心という器に囚われて、自分勝手なようで繊細。

踊り踊る青春で際立つ光。

それは

ヒーロー。