淅瀝の森で君を愛す

作者 まるた曜子

27

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この人の作品に、僕の言葉なぞ霧の一雫ほどの価値も無し!!

でも読んで欲しいからかくさっ!

僕はこの作品を読んで未だ苛ついてる。納得してない。それは僕が頭が堅いからか、それとも作者の手の平の上でドジョウ掬いを踊っているのか。

きっとドジョウ掬いだろう。踊らされている。良い気分だ。納得してないのに。つまりそれほど考えさせられる、素晴らしい作品だ。

出来れば、読んでおくんなましっ!!

★★★ Excellent!!!

これが評価されていないのはおかしい。
たしかにタグから察せられるように重いし一話が少し長めだしweb小説の主流からは外れているのかもしれない。
テーマがテーマなだけに下手なことは言い難いしレビューの書きにくい作品かもしれない。
それでも声を大にして言いたい。
もっと読まれる、そして評価されるべきた。